福島県で相続税の還付に対応している税理士

該当する税理士事務所が見つかりませんでした

掲載事務所を募集しています。

当サイトに掲載を希望される事務所様がありましたら、下記問い合わせフォームよりご連絡ください。

問い合わせフォームはこちら

福島県の特徴

福島県の人口は約185万人で、47都道府県のなかでは21位です。

東北6県で人口を比較すると、福島県は東北1位の宮城県(約231万人)に次ぐ2位です。その他の4県は、東北3位青森県(約125万人)、4位岩手県(123万人)、5位山形県(108万人)、6位秋田県(97万人)となっています。

福島県の特産品には、ミルク味の餡が入った「ままどおる」や、「喜多方」ラーメンが挙げられます。

福島県の相続関連データのご紹介

福島県の相続関連のデータを紹介します。数字はいずれも2018年のものです。

相続税を課される割合が低い福島県

福島県の被相続人数は1,229人で、死亡者数は24,747人でした。

福島県は相続税が課せられる割合が低く、死亡者数に占める被相続人数の割合「課税割合」は4.97%で、全国平均の8.55%を大きく下回り、全国で34位でした。

福島県では相続税の申告割合も低迷

福島県の2018年度の相続税申告件数は1,524件でした。

福島県は相続税の申告割合が低い県でもあります。死亡者数(24,747人)に占める相続税申告件数の割合「申告割合」は6.16%で、こちらも全国平均10.98%を大きく下回りました。

福島県の1人当たり相続税額は36位961万円

福島県の被相続人1人当たりの相続税納付税額は、福島県は961万円で全国36位でした。1位の東京都は3,209万円で、福島県の3倍以上です。全国平均は1,814万円でした。

福島県で相続する際の注意点

福島県で相続するときの注意点をご紹介します。

農業立県だから農業相続には万全の備えを

福島県の農業就業者数は、人口100人当たり4.06人で、47都道府県中7位という農業立県でもあります(※)。

ただし、農業に従事している人は、自分の財産を子供たちに相続するときも、親の財産を受け継ぐときも十分注意してください。「農業相続人」という言葉があるほど、農業従事者の相続は特別なものになります。

農業相続人とは、次の3つの性質を持った人のことです。

  • 相続によって農地を取得する
  • 相続税の納付期限までに農業を開始する
  • その農地で引き続き農業を営むことが認められている

農業相続人は、相続した農地の一部の相続税の納付が猶予されます。相続税の支払いで優遇されるわけです。

しかも、次の3つのいずれかの条件に当てはまれば、猶予された相続税は免除されます。つまり支払わなくてよくなります。

  • 農業相続人が死亡して、次の世代に農地が相続された場合
  • 農業相続人が農業後継者に農地を生前一括贈与した場合
  • 農業相続人が相続申告期限から20年以上農業を続けた場合

農業を引き継ぐ人も、農業を受け継ぐ人も、農業の相続のルールを知っておかないと「将来の大きな得」を取りこぼすことになるので注意してください。

※ 「都道府県別農業就業人口」|都道府県別統計とランキングで見る県民性より

相続放棄をする場合はご注意を

福島県は相続税を課される割合が低く、1人当たり相続税額も低額です。

相続財産が、すべてプラスのものとは限りません。親の借金などを承継する「負の相続」が多くなると相続税の減額要因になります。

借金などのマイナス財産が、プラスの財産を超える場合は、相続放棄を検討することになると思います。相続放棄をした場合には、当然、相続税の納付義務はありませんが、受け取った被相続人の死亡保険金などの「みなし相続財産」が、相続税の基礎控除を上回ることになると、相続税の課税対象になります。

相続税のことは税理士に相談しよう

財産を持っている方も、その財産を相続する方も、もし「相続が近づいている」と感じたら一度税理士に相談しておくことをおすすめします。

税理士は、相談者の利益を最大限にしながら、損失を最小限にする方法を提案してくれます。

特に相続税に関する知識は重要です。相続税のルールを知っているかどうかで、支払う税額は大きくり変わってくるからです。

節税のメリットは、節税の準備をした人だけが受けることができます。節税こそ、正しい税金の支払い方です。

ぜひ税理士に、相続税の節税の仕方を教わってください。

福島県の税理士情報:早めにコンタクトを取ろう

東北税理士会の福島支部連合会には、2021年7月現在、493人の税理士が所属しています。

福島支部連合会には、10の支部があり、税理士493人の内訳は次のようになっています。

支部名単位:人全体(493人)に占める割合
福島10722%
二本松173%
郡山13527%
須賀川245%
田島51%
会津若松5411%
喜多方82%
白河316%
いわき9018%
相馬224%
合計493100%

福島県に占める福島市の人口割合は、16%ですから、福岡支部が占める22%という税理士の割合は、人口割合に比べて高いことがわかります。

また、郡山市の税理士の割合も27%と、郡山市が福島県に占める18%という人口割合を超えています。

このことから、福島県内の税理士は、福島と郡山に集中しており、その他の市町村の税理士が少ないことを意味します。

地方の場合、相続に関する困りごとが発生して税理士の力を借りたい場合でも、すぐに税理士がみつからない可能性があります。

なるべく早いうちから税理士にコンタクトを取っておいたほうがよいでしょう。

相続問題を解決するコツは、「問題」が起きる前に税理士に相談することです。