神奈川県で相続税申告に対応している税理士

全部で33件の税理士事務所が見つかりました
  • 税理士五味英樹事務所TOP写真

    税理士五味英樹事務所

    税理士詳細情報はこちら
    神奈川県川崎市宮前区鷺沼にある相続税に強い税理士事務所です。
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 駅から徒歩2分
    • 初回相談無料

    当事務所は相続税申告が終わりではなく、新たな始まりと捉え、お客様の次の二次相続に向けた対策のご提案や、不動産を相続された方への今後の賃貸経営のアドバイスなども親切丁寧に対応しております。

    • 合法的な相続税の節税
    • 関東屈指のレスポンスの良さ
    • 他の専門家との連携による「ワンストップサービス」
    • 一生涯にわたる手厚いサービス
    〒216-0004 神奈川県川崎市宮前区鷺沼1-11-1 鷺沼DIKマンション216号

    東急田園都市線「鷺沼駅」より徒歩2分

    川崎市
    [電話受付]平日 9:00~19:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6520
    [電話受付] 平日 9:00~19:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 税理士法人タックス・ケア

    税理士詳細情報はこちら
    初回相談料の無料化、他士業との連携といった体制を整えています。
    • 士業ワンストップサービス
    • 営業時間外対応可
    • 駅から徒歩3分
    • 初回相談無料

    神奈川県平塚市、JR東海道線「平塚駅」より徒歩3分の場所にある税理士法人です。これから初めて税理士に依頼する人が気軽に訪れられることを目標にして、設立しました。お気軽にご相談下さい。

    • 対応の迅速性
    • ベテラン税理士の高い実力
    • 他士業との綿密な連携
    • お客さま目線の利用制度
    〒254-0033 神奈川県平塚市老松町3-22

    東海道本線 平塚駅徒歩3分
    (スポーツプラザ神奈中ビル近く)
    駐車場ございますが、周辺一方通行が多いため、お越しの際はご一報ください。

    湘南地域
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6416
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 木村匡宏税理士事務所1

    木村匡宏税理士事務所

    税理士詳細情報はこちら
    相続税申告と生前対策に強い税理士事務所です。
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 駅から徒歩2分
    • 初回相談無料

    お客様のご家庭の全面的な「円満な相続」の実現には、なにより相続発生前の「生前対策」が重要です。木村匡宏税理士事務所では、相続税申告と同じくらい「生前対策」に力を入れております。

    • 「円満な相続」の実現
    • 充実した「生前対策」
    • 合法的な「相続税の節税」
    〒221-0822 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1-1-3

    京浜東北線東神奈川駅より徒歩2分
    東急東横線東白楽駅より徒歩6分
    京浜急行線仲木戸駅より徒歩3分

    横浜市東部、横浜市
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6510
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 守屋税務事務所

    守屋税務事務所

    税理士詳細情報はこちら
    昭和37年開業、長年の経験に裏打ちされた確かな対応!
    • 生命保険の活用
    • 納税資金対策
    • 駅から徒歩2分
    • 初回相談無料

    ご相談者様とご依頼者様のご負担を少しでも軽くするために、日々ベストを尽くしております。 初めてのご相談者様や、税に詳しくない方でもご安心ください。土地の評価額を抑える様々な努力を行い、それが功を奏してきたケースが豊富に存在します。

    • 土地評価額の抑制による節税
    • 納税資金捻出のための生命保険の徹底活用
    • 昭和37年開業、長年の経験に裏打ちされた確かな対応
    〒259-1131 神奈川県伊勢原市伊勢原1-11-3 中央ビジネスビル2階

    小田急小田原線「伊勢原駅」北口徒歩2

    神奈川県西地域
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6425
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    メールでの相談はこちら

    お問い合わせフォーム
  • 税理士法人イソネット横浜事務所

    税理士詳細情報はこちら
    横浜事務所の税理士は、33年もの税務署勤務経験がございます。
    • 生前贈与
    • 二次相続対策
    • 不動産売却・購入コンサル
    • 相続専門の事務所
    • 元税務署勤務
    • 成功報酬制

    特に相続税を含めた資産税関連は、30年以上の実績があります。適切なアドバイスができる自負があります。初回の相談料は無料です。迅速かつ正確な税理士に安心してお任せください。

    • 代表税理士は33年もの税務署勤務経験有り
    • 迅速かつ正確な相続税申告が可能
    • 安心の完全成功報酬制
    〒220-0011 横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル20階

    ■JR・京浜急行線 横浜駅 徒歩3分
    ■東急東横線 横浜駅 徒歩5分

    横浜市西部、東京都23区、神奈川県
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6502
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 野崎会計事務所

    野崎会計事務所

    税理士詳細情報はこちら
    開業以来実に300件以上に渡る相続事案を承って参りました。
    • 着手金無料
    • メール相談可
    • 営業時間外対応可
    • 出張対応可
    • 駅から徒歩2分
    • 初回相談無料

    相続問題に関して、世間で言われる対策やマニュアルに飛びつくことなく、お客様に何が必要か、何が適しているかを第一に考えます。初回のご相談は無料、着手金も無料となっております。相続の事前相談や財産判断など、ご心配ごとがございましたら、いつでもご相談頂ければと思います。

    • 開業以来300件以上に渡る相続事案
    • 「インフォームドコンセント」の重視
    • 相続税申告に際し「書面添付制度」を活用
    〒231-0058 神奈川県横浜市中区弥生町1-2 サンクレスト伊勢佐木303

    横浜市営地下鉄「伊勢佐木長者町駅」より徒歩約2分

    横浜市東部
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6515
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 新津裕史税理士事務所

    新津裕史税理士事務所

    税理士詳細情報はこちら
    ご一族様の将来にわたる繁栄のために、様々なアイデアを提供いたします。
    • 生命保険の活用
    • 士業ワンストップサービス
    • 着手金無料
    • 成功報酬制
    • 初回相談無料

    弁護士、公認会計士、土地家屋調査士、社会保険労務士、不動産鑑定士などの方々とも連携しております。初回相談&着手金無料、完全成功報酬制となっております。気楽かつ気軽にご相談いただけます。

    • 軽いフットワークで迅速な対応
    • 他士業と肩を組んだワンストップサービス
    • 将来にわたる争いのない相続の実現
    〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央3-8-2

    JR横浜線「相模原駅」徒歩約18分(1.5km)

    神奈川県西地域
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6463
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 小泉純一税理士事務所

    小泉純一税理士事務所

    税理士詳細情報はこちら
    開業から14年間の中でほぼ毎年相続税の申告をしております
    • 出張対応可
    • 駅から徒歩4分
    • 初回相談無料

    所長の勤務時代を含めますと、相続税の申告実績は30年間で80件以上に上ります。税務全般に関して豊富な実績と明瞭なアドバイスで、お客様が納得できるサポートをご提供しております。まずはお気軽にご相談下さい。

    • 生前の相続対策に強い
    • 土地評価額の抑制による節税が可能
    • スムーズで確実な遺言の執行をお手伝い
    〒216-0006 神奈川県川崎市宮前区宮前平1-9-25ニューウェルテラス宮前平B棟 516

    東急田園都市線「宮前平駅」から徒歩約4分

    川崎市
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6451
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 税理士法人アローズ 川崎オフィス

    税理士法人アローズ 川崎オフィス

    税理士詳細情報はこちら
    相続税専門の税理士事務所です。
    • 賃貸経営サポート
    • 不動産売却・購入コンサル
    • 豊富な申告実績
    • 相続専門の事務所
    • 女性スタッフ在籍
    • 着手金無料

    相続専門ならではのスピード感で、ご依頼者様のご利益に適う正確な相続税申告を行います。年間の処理実績は実に70件を超え、確かな経験と実績で、満足度の高いサービスをご提供します。どうぞ安心してご相談ください。

    • 年間70件の相続問題処理実績
    • 女性税理士ならではのきめ細やかで温かい対応
    • 相続税関係の実績を豊富に積んだスタッフが在籍
    〒210-0004 神奈川県川崎市川崎区宮本町6-1 高木ビル3F

    JR川崎駅 徒歩8分
    京急川崎駅 徒歩6分

    川崎市、埼玉県、千葉県その他の地域、東京都、神奈川県
    [電話受付]平日 9:30~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6422
    [電話受付] 平日 9:30~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 佐藤喜美男税理士事務所

    佐藤喜美男税理士事務所

    税理士詳細情報はこちら
    相続税対策と相続税申告に強い税理士事務所です。
    • 生前贈与
    • アットホームな雰囲気
    • 出張対応可
    • 初回相談無料

    税理士専門学校の講師(所得税法、相続税法)を務めた経験もあり、相続関連の知識については地域随一と自負しております。お客様のご希望により、平日の早朝・夜分、土日も対応いたします。是非お問合せ下さい

    • 「相続税対策」と「相続税申告」の強さ
    • 独自の知識とノウハウを蓄積
    • 税理士専門学校の講師(所得税法、相続税法)を務めた経験有り
    • 気兼ねなくご相談頂けるアットホームな税理士事務所
    〒243-0017 神奈川県厚木市栄町2丁目1-12 光和エステートビル501号室

    本厚木駅徒歩12分

    神奈川県中央地域
    [電話受付]平日 9:00~17:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6527
    [電話受付] 平日 9:00~17:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全33件中 1-10件

神奈川

1.神奈川県の相続税申告の概要

1-1.神奈川県は相続税課税割合が高い都市

2016年度の神奈川県の相続税申告件数は3万2,598件、納付税額が1,998億7,190万1,000円、相続1件あたりの納付税額は2,053万8,000円となっています。相続税申告件数は全国2位、1件あたりの納付税額が全国3位と非常に高い相続税が課税されています。

また、神奈川県の課税割合は12.58%と全国3位の高さとなっています。これらの数字は各データで1位となっている東京にも引けを取らない数字であり、神奈川県では高額な相続税が課税される可能性が極めて高い地域だということが現れています。

1-2.神奈川県は平均年収が高い

神奈川県の相続税課税額が高い要因として考えられるのが平均年収の高さです。2017年度の神奈川県の平均年収は531万9,000円で全国3位の年収額です。東京都の平均年収には劣りますが、その他の関東地方の年収よりも高く、場合によっては100万円以上の差が生まれています。

また、世帯主になりやすい男性の生涯年収は約2億2,370万円、女性の生涯年収が約1億5,730万円です。さらに、年収が1億円以上の世帯は約1,780であり、千葉県などとは2倍近い差があります。そのため、相続遺産として貯金などの財産を相続する場合に高額な相続税が課税されやすくなっており、課税割合なども大きく上昇しているのだと考えられます。

1-3.地価が高い2大エリアの存在

神奈川県は東京都などに比べると地価が低いため、不動産の取得や維持費の負担も抑えられます。しかし、神奈川には一際地価の高い川崎市と横浜市の2つの市があります。川崎市の地価平均は約35万3,700円/㎡、横浜市は約30万8,700円/㎡で、それぞれ神奈川県内で1位と2位の地価を誇っています。

この2つは東京都との距離が近いため、ビジネス地や商業地として人気が高くなっているため、神奈川県でも特に地価が大きく上昇しています。また、これらの地域では前年よりも地価は上昇しており、その結果神奈川県全体の地価も上昇しています。

つまり、神奈川県は地価が低いため不動産などの維持費が抑えられるため、手元に貯金が残りやすく財産への課税が主になっています。しかし、こうした地価が特に高い地域では、不動産へも高額な課税が行われやすいため、全体的に納付税額も高くなりやすく、同時に課税割合も上昇しているといえるでしょう。

2.相続税の課税割合

2016年度の神奈川県の各税務署エリアごとに発表された相続税のデータです。

税務署名管轄地域申告
件数
課税
件数
1件当り
納付税額
(万円)
申告割合課税割合
鶴見鶴見区3812591,79716.52%11.23%
横浜中中区 西区3492572,05014.57%10.73%
保土ケ谷保土ケ谷区 旭区 瀬谷区8986231,77915.78%10.95%
横浜南南区 磯子区 金沢区
港南区
1,2248422,39416.23%11.16%
神奈川神奈川区 港北区8886342,60121.17%15.12%
戸塚戸塚区 栄区 泉区7775482,02216.16%11.40%
緑区 青葉区 都筑区1,1218102,90925.03%18.09%
川崎南川崎区 幸区4653341,78313.32%9.57%
川崎北中原区 高津区 宮前区8806312,69020.81%14.92%
川崎西多摩区 麻生区6024392,02522.63%16.50%
横須賀横須賀市 三浦市5824321,04911.40%8.46%
平塚平塚市 秦野市 伊勢原市
大磯町 二宮町
9216851,32917.09%12.71%
鎌倉鎌倉市 逗子市 葉山町7595441,92925.53%18.30%
藤沢藤沢市 茅ヶ崎市 寒川町1,2258662,02220.94%14.81%
小田原小田原市、南足柄市
中井町 大井町 松田町
山北町 開成町
箱根町 真鶴町 湯河原町
6094732,04515.48%12.03%
相模原相模原市7885612,18514.04%10.00%
厚木厚木市 愛川町 清川村3462841,12615.77%12.94%
大和大和市 海老名市 座間市
綾瀬市
6545101,75914.49%11.30%
神奈川県計 13,4699,7322,05417.41%12.58%

課税割合を見てみると、最も高いのは横浜市北部に緑区や青葉区のエリアですが、地価の高い横浜市や川崎市を抑えて、鎌倉や藤沢などの湘南エリアが高くなっていることが分かります。その後、横浜市や川崎市などが続く順位となっています。そのため、都市部よりもベッドタウンのほうが相続税が発生しやすい傾向にあり、それが神奈川県の相続税の大きな特徴となっています。

2-1.湘南エリアの相続税事情

2-1-1.鎌倉市・逗子市・葉山町

横浜市の南西に位置している湘南エリアに存在する鎌倉市、逗子市、葉山町。このエリアは鎌倉幕府が置かれていた歴史的背景から、神社や自然などの観光スポットが多くなっています。景観を守るため、建設場所が限られているため、オフィスビルなどはあまり建設されず、地域の大半が住宅地として活用されています。

鎌倉地域の課税割合は18.67%で神奈川県内で2番目に高い数字となっています。観光地として落ち着いた街並みが住みやすさに繋がっている他、横浜市などの都市部までのアクセスが簡単に行えます。こうしたベッドタウンとしての機能性の高さが注目され、高所得者が多く集まっています。

実際に鎌倉市や葉山町、逗子市の平均所得は非常に高く、横浜市や川崎市よりも高くなっています。特に、葉山市などは別荘地としても知られており、資産を築いた高所得者の生活拠点となる傾向が強いため、課税割合も上昇しているのでしょう。

2-1-2.藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町

同じく湘南エリアに属している藤沢市・茅ヶ崎市・寒川町。鎌倉地域よりも西部に位置しています。このエリアは江ノ島という全国的に有名な海の観光スポットを擁していることから、鎌倉地域よりも海水浴などで訪れる観光客が多い地域となっています。

藤沢地域の課税割合は15.45%と、県内で3位の高さです。鎌倉エリアと同じくベッドタウンとしての機能性が高く、それに伴い藤沢地域でも高所得者が増加傾向にあります。県内の所得では藤沢市が6位、茅ヶ崎市が9位と横浜市や川崎市に次ぐ所得となっており、こうした高所得者が集まることにより課税割合が大きく上昇していると考えられます。

2-2.横浜市の相続税事情

2-2-1.緑区・青葉区・都筑区

横浜市の北部に位置し、東京都町田市と隣接している緑区、青葉区、都筑区。この地域は基本的に住宅地として活用されており、鶴見川沿いでは農業などが盛んに行われています。さらに、緑区では工業地域が形成されており、周囲には工業団地が整備されており、人口増加へ合わせるように地域の各区で積極的に団地が建設されています。

緑地域の課税割合は19.44%で、県内で最も高い割合となっています。そして、1件あたりの納付税額が約2,900万円と、最も高額な課税が行われています。緑地域は立地上東京都と横浜市どちらへもアクセスができ、古くからベッドタウンとして整備されていました。そのため、通勤や通学などを行う現役世代からの人気が高くなっています。

そして、青葉区は高級住宅街としても知られており、区別の平均年収では都筑市とともに上位にランクインしているというデータがあります。地価はそこまで高額ではないのですが、高所得者が集まるベッドタウンであるため、高額な相続税が課税されやすい要注意地域となっているのです。

2-2-2.港北区・神奈川区

横浜市の中北部に位置している港北区、神奈川区。神奈川区は市内で最初にできた行政区でもあります。都市としては再開発によってオフィスビルや高層マンションが急増した神奈川区が大きく発展しており、港北区は港北ニュータウンを始めとした住宅街として発展しています。

神奈川地域の課税割合は14.90%で県内で4番目に高い地域です。神奈川地区は近年大きく発展しましたが現在でも農業が盛んに行われており、新幹線が停車する新横浜駅が建設されていましたが、都市部としての機能はあまり高くなかった地域です。

また、神奈川区の都市部が再開発により企業からの需要や地価が増加したことで、生活拠点とはなりづらくなっています。こうしたことが要因となり、他の上位地域よりも課税割合が低くなっているのだと考えられます。

2-2-3.戸塚区・栄区・泉区

横浜市の南東部に位置しており、鎌倉市や藤沢市と隣接している戸塚区、栄区、泉区。戸塚区に多くの企業や工場が進出したことから、この地域の中心都市として発展しています。そのため、栄区や泉区は戸塚区のベッドタウンとしても考えられており、戸塚区自体も横浜と渋谷東京都のベッドタウンになっています。

戸塚地域の課税割合は19.44%と、平均である12.85%をわずかに下回る数字となっています。戸塚地域はベッドタウンであるため需要や人気の高い地域なのですが、湘南エリアに近いことから、高所得者層はそちらへ移住している可能性があります。特に、戸塚区が大きく発展しているため、湘南エリアが戸塚区のベッドタウンになることもあり、その結果戸塚地域の人気が低くなっているのかもしれません。

2-2-4.中区・西区

横浜市の中央部に位置しており、市の中心都市として機能している中区と西区。中区には神奈川県庁や横浜市庁、地方裁判所など行政機関が集中し、西区は横浜駅やみなとみらい地区があることから商業の中心地となっています。

横浜市は港に面した沿岸部が大きく発展する傾向にあり、中区や西区もその特徴通りの都心部として成長しています。横浜中地域の課税割合は11.09%と中心都市でありながらそこまで高額ではありません。

実は、中区と西区は市内で最も高額な地域であり、県内でも西区は1位、中区は3位となっています。ただ、こうした高い地価の影響により、生活拠点とはなりにくく、課税件数も非常に少なくなっているといえます。横浜市は都市部でも地価の低いところが多いため、都心部とベッドタウンの棲み分けが行われており、ベッドタウンのほうが課税割合が高いというのも、こうした地価の差による影響だと考えられます。

2-2-5.鶴見区

横浜市内で唯一単独の区として管轄されている鶴見区。横浜市の最東端に位置しており、2010年の調査では市内で最も人口の多い区となっています。さらに、2009年の市税収入は自然体の約9%を占めており、都心部に並ぶ主要地域となっています。

鶴見区の課税割合は11.56%と、都心部を除く市内の他の地域とはあまり変わりません。鶴見区内に本社を置く企業は多く、各地に食品や化学製品を取り扱う工場が建設されています。緑が多い住宅街も整備されているのですが、一方で人口増加によりマンションや団地などで生活している人が多いため、不動産への相続税の課税があまり行われておらず、課税割合が上昇しにくい状況になっているといえるでしょう。

2-2-6.保土ケ谷区・旭区・瀬谷区

横浜市の中央部に位置している保土ケ谷区、旭区、瀬谷区。これらの地域は古くからベッドタウンとして発展をしており、区のほとんどが住宅地として活用されています。かつては工業地域として発展していましたが、現在では農業が主な産業となっており、緑の残る住宅街が形成されています。

保土ヶ谷地域の課税割合は11.48%で、市内の他の地域とはあまり差がありません。保土ヶ谷区は戸塚区や中区などと近い立地なのですが、旭区と瀬谷区は中区から大きく離れてしまい、移動が難しくなります。そのため、戸塚区のベッドタウンとしても注目されにくく、地価も高くはありません。

2-2-7.南区・磯子区・金沢区・港南区

横浜市の中南部に位置している南区、磯子区、金沢区、港南区。この地域は頭部が東京湾と面しているため、中区や湘南エリアとも隣接している区があり、区ごとにベッドタウンとして役割が異なっています。

横浜南地域の課税割合は11.62%と、立地は良いのですが高い数字ではありません。中区や西区のベッドタウンとして南区や港南区は人気なのですが、それよりも南部になると湘南エリアに近くなり、需要が薄くなってしまいます。そのため、金沢区や磯子区の地価は低くなっており、高所得者層が少ないことから課税割合が上昇しない状況なのだといえます。

2-3.川崎市の相続税事情

2-3-1.多摩区・麻生区

川崎市の最西部に位置する多摩区と麻生区。この地域は東京都との県境にもなっており、多摩区は世田谷区と隣接しています。特に、川崎市の中心部と距離が離れており、東京都都心部のほうが近いため、都心部とこの地域を結ぶ鉄道路線が大きく発展しています。

川崎西地域の課税割合は14.95%で、県内5位という高い割合です。これは、都心に近いことから東京都ベッドタウンとして需要が高く、それに伴い区の大半が住宅地として整備されてきたからでしょう。特に、新百合ヶ丘などは市内屈指の高級住宅街となっており、世帯年収が高額になっていることから課税割合も高くなっているのだと考えられます。

2-3-2.中原区・高津区・宮前区

川崎市の中央部に位置している中原区、高津区、宮前区。この地域は多摩区よりも東部に位置しているため、東京都心部への近さは変わらずに、横浜市の中心都市へより近づいています。そのため、東京都心部だけなく横浜市の都心部のベッドタウンとしても活用されています。

川崎北地域の課税割合は14.95%と、横浜市内の区よりも高い水準となっています。これは横浜都心部だけのベッドタウンよりも利便性が高いため、この地域への需要や人気が伸びていることが考えられます。特に、中原区は川崎市内で最も人口が高く、武蔵小杉を中心に地価が高く市内2位の金額となっており、川崎北地域の相続の中心地だといえるでしょう。

2-3-3.川崎区・幸区

川崎市の東部に位置し、東京湾に面した湾岸エリアである川崎区と幸区。特に、川崎区には川崎市役所や中心駅である川崎駅が建設されており、市の中心としてと機能しています。さらに、川崎駅周辺には繁華街が形成されており、ビジネスと商業が大きく発展した地域となっています。

川崎南地域の課税割合は9.30%で、県内で2番目に割合が低い地域です。川崎南地域は市の中心都市なのですが、一方で工業地域としても発展しており市内の各地や川崎区の沿岸部には工場が建設されています。生活用地として使用できる地域は限られていることが、中原区などのベッドタウンへの移住を進めた要因となり、この地域の課税件数や課税割合を下げているのだと考えられます。

2-4.その他のエリア

2-4-1.厚木市

神奈川県のほぼ中央部に位置している厚木市。厚木市の中央地域には東名高速道路や小田原厚木道路、国道など多くの道路が通っており、物流拠点となっています。そのため、厚木市内には物流業などの企業の事業者が多く建設されており、市の重要な産業となっています。

さらに、東京都や横浜市に近いことから企業の研究機関も点在しており、物流業と並んで厚木市を支える重要な産業へと成長しています。厚木市の課税割合は13.54%で、横浜市内の11~12%の割合を上回る数字となっています。

厚木市はベッドタウンとしての機能を持っていますが、同時に市内の産業が大きく成長しています。ですので、他地域からの通勤や通学で訪れる人も多く、年収も比較的高い水準となっていることが課税割合を上昇させる要因となっているといえます。

2-4-2.平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町

神奈川県の中西部に位置する平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町。平塚市は古くから工業都市として発展していき、特に日産自動車が工業の発展を牽引しています。さらに、平塚駅周辺には多くの商業施設が建設されており、この地域の中心都市となっています。

平塚地域の課税割合は13.14%と厚木市に次いで高い数字となっています。平塚地域は厚木市とも隣接していることが多いため、厚木市と平塚市を中心として、各市がこの2つの市のベッドタウンとなっています。その結果、二宮町や大磯町などは横浜市の都市部に次ぐ平均所得となっていることが課税割合を引き上げていると考えられます。

2-4-3.小田原市・南足柄市・箱根町・真鶴町・湯河原町

神奈川県の南西部に位置している小田原市、南足柄市、箱根町、真鶴町、湯河原町。この地域は日本有数の温泉地であり、東京都からも手軽にアクセスできることから別荘地としても人気の地域です。

小田原地域の課税割合は12.34%で、県の平均とほぼ同じ数字となっています。小田原地域の所得や地価は高額ではなく、都心部から離れているためベッドタウンとして機能はほとんどありません。しかし、温泉地や別荘地という特殊な特徴が不動産の所有率を高くし、不動産への課税が行われることで課税割合が高くなっているといえます。

2-4-4.相模原市

神奈川県の北西部に位置し、横浜市と川崎市に次ぐ人口を擁している相模原市。東京都町田市や八王子と隣接していることから、特に多摩地域との結びつきが強くなっています。さらに、都心部まで40分程度でアクセスできるため、東京都のベッドタウンとしても機能しています。

相模原市の課税割合は9.92%と県内で下から3番目に低い地域です。これは山間部の地域と合併し面積が広くなったことから平均データでは低くなってしまうのです。そのため、見なくや相模大野周辺は地価が高く人気が集まる地域ですので、高額な相続税が課税される可能性が高く注意が必要です。

2-4-5.横須賀市・三浦市

神奈川県の南東部、三浦半島に位置している横浜市と三浦市。相模湾や東京湾、太平洋などに面しており、かつては海軍が配置されるなど海の街として知られています。そのため、マリンスポーツやレジャーへ積極的に取り組んでおり、観光施設の整備などが行われています。

横須賀地域の課税割合は8.27%と神奈川県で最も低い数字です。この地域はベッドタウンとして機能しづらく、埋め立てによって生活環境を整えてきた地域です。さらに、大楠山を始めとした山間部も多いことから地価が上がりにくいため、課税割合も低くなっているのかもしれません。

2-4-6.大和市・海老名市、座間市、綾瀬市

横浜市の西部と隣接し、神奈川県の中央部に位置している大和市、海老名市、座間市、綾瀬市。特に、大和市は東京都町田市や藤沢市とも隣接しているため、都市部のベッドタウンとして注目が集まっています。さらに、海老名市は高速道路に建設された道の駅が人気で商業が非常に活発な地域です。

大和地域の課税割合は11.42%と横浜市内の課税割合と似た数字となっています。大和市や海老名市は商業やベッドタウンの機能が高いため地価も高額です。一方で、藤沢市や鎌倉市に近いため高所得者の需要が低くなってしまい、横浜市内と同じような傾向が生まれることで、課税割合が低くなっていると考えられます。

3.神奈川県の相続税理士

3-1.相続税に強い税理士が多い

高額な相続税が課税されており、その割合も全国的に高い水準である神奈川県では、税理士による相続税対策が非常に重要です。神奈川県は東京都市部に近い立地であるため、都内の相続にも対応しているケースが多くなっています。特に、横浜市や川崎市はビジネス地でもありますので、相続税対策の実績や経験が豊富な税理士が多い傾向があります。

神奈川県内に在籍している税理士は4,593名で、関東地方では東京都に次ぐ多さの税理士が在籍しています。そして、税理士1人あたりの対応件数は2.93件となっており、東京都の1.10件を上回っています。つまり、このデータから東京都の税理士は不足傾向にあるため、神奈川県の税理士が対応している可能性が高いことを示しているのです。

さらに、神奈川県内の相続税課税件数は全国2位、課税割合は3位と県内だけでも多くの相続税が発生しています。ですので、神奈川県内の税理士は多くの依頼を担当し、経験や実績が重なることで実力が高くなるため、神奈川県には相続税に強い税理士が多く在籍しているといえるのです。

3-2.対応エリアには要注意!

神奈川県内は鉄道や道路など各交通網が整備されているため、県内の移動に困ることはありません。しかし、東西に長く面積が広いため、移動時間が長くなることもあり、地域よっては対応していない税理士もいます。ですので、税理士ごとの対応エリアは注意深くチェックして、きちんと地元まで来てくれる税理士を探しましょう。

ただ、多くの税理士が集まる横浜市や川崎市の税理士が対応していなくても、都内の税理士が対応している場合があります。これは、東西に面積が広い神奈川県だからこそ、横浜市などへの距離よりも東京都内への距離が短いことがあり、立地に合わせて鉄道路線などが整備されていることがあるのです。

そのため、東京都と隣接している北部の地域では横浜市や川崎市よりも、隣接する都内の地域や都心部でも相続税に強い税理士を探すことが重要になります。実績や実力は税理士選びの大切なポイントですが、適切に土地などの評価をしてもらうためにも、きちんと対応エリアも確認しながら相続に強い税理士を見つけましょう。