長崎県で相続税申告に対応している税理士

全部で2件の税理士事務所が見つかりました
  • 清家・山下公認会計士税理士事務所1

    清家・山下公認会計士税理士事務所

    税理士詳細情報はこちら
    初回相談料は無料にて対応しております。
    • 二次相続対策
    • 豊富な申告実績
    • 女性スタッフ在籍
    • 相続税専門スタッフ在籍
    • アットホームな雰囲気
    • 士業ワンストップサービス

    「開業35年以上」の信頼と実績があります。職員の年齢層は比較的若くフレッシュです。フットワークも軽く、対応も「迅速」で「正確」です。

    • 「開業35年以上」の信頼と実績
    • 相続税に強い公認会計士2名体制で運営
    • お客様にしっかりと寄り添い、継続的に支援
    〒860-0831 熊本県熊本市中央区八王寺町34番1号

    JR線 南熊本駅より徒歩10分

    熊本市、長崎県
    [電話受付]平日 9:00~17:45
    電話での受付はこちら
    050-5267-6445
    [電話受付] 平日 9:00~17:45

    【24時間受付】メール相談はこちら

  • 税理士法人武内総合会計1

    税理士法人武内総合会計 武内相続センター

    税理士詳細情報はこちら
    お客様の財産を必ず守る姿勢を第一に、迅速で丁寧にご説明致します。
    • セカンドオピニオン
    • 事業承継対策が得意
    • 豊富な申告実績
    • 相続税専門スタッフ在籍
    • 士業ワンストップサービス
    • 着手金無料

    当税理士法人では事務所開設以来35年にわたって、お客様の財産を守るため、税務におけるプロフェッショナルとして実務ノウハウを積み上げております。50名以上のスタッフが協力してお客様の申告業務に関わっております。

    • 迅速かつ丁寧なご説明
    • きめ細やかなサポート体制
    • 明確な料金システム
    〒810-0072

    福岡県福岡市中央区長浜2丁目2-8 ザ・パークハウス赤坂タワーレジデンス1階

    西鉄長浜二丁目バス停 徒歩1分
    地下鉄空港線赤坂駅より徒歩6分
    地下鉄空港線天神駅より徒歩13分
    ※西鉄大牟田線福岡天神駅もしくは地下鉄七隈線天神南駅ご利用の場合は、天神高速バスターミナル前より68番系統福浜行西鉄バスへの乗り換えが便利です。

    福岡市、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
    [電話受付]平日 9:00~18:00
    電話での受付はこちら
    050-5267-6426
    [電話受付] 平日 9:00~18:00

    【24時間受付】メール相談はこちら

全2件中 1-2件

1.長崎県の概要

九州の西端部にあり、971という日本一の数の島々をもつ「長崎県」。北海道に続き、日本国内では2番目に長い海岸線を有しており、83箇所の港湾が点在しているため日本有数の港町としても知られています。

そんな長崎県は、日本の歴史とも関わり深く、小学校で必ず習う「出島」があったことでも有名です。さらに、幕末の志士「坂本龍馬」の活躍も忘れてはいけません。西洋文化をいち早く取り入れた長崎県の町並みや設備に感動し、坂本龍馬は日本の新たな姿を思い描きました。そして、維新回天という、後世にも残る行動へと繋がったのです。こうした幕末の歴史の中心地となった長崎県には、当時の面影を残した史跡が今でも残っています。

また、古くからオランダなどの諸外国と交流があった長崎県は、グルメの始まりの地ともいわれています。白砂糖やビールなどは長崎に住む人が初めて食し、日本全国に広まったそうです。中でも、「ポン酢」や「カステラ」などは、現在でも長崎県の名産品として多くの人から愛されています。

長崎

現在は、九州最大のテーマパーク「ハウステンボス」も有名です。ヨーロッパのような景観を再現し、美しく咲く花々が囲まれた園内は、毎年新たなアトラクションなどが追加される、まさに進化地続けるテーマパークです。特に、世界初のロボットホテル「変なホテル」は最先端の技術を楽しめるとあって、全国から注目されています。

日本の出来事にも食生活にも長い歴史を持つ長崎県。そんな長崎県の相続税事情はどのようになっているのでしょうか?

2.相続税の課税発生数が少なく、納税額が多い

長崎県の相続事情の特徴は、課税発生件数が非常に少ないことです。長崎県では平成26年度では「234件」の課税が発生しますが、全国で40番目、九州8県の中では6番目となっています。人口が似ている愛媛県の発生件数が「565件」ですので、長崎県の少なさが際立ちます。

これは、長崎県は多くの島々を抱えており、島によっては統計データが現れていない地域があります。ですので、長崎県全体の発生件数として見ると少なくなっているのだと考えられています。

また、長崎県は課税発生件数は少ないのですが、納付税額は「約41億円」と九州の中で5番目と順位を上げています。4番目に位置する鹿児島県の納付税額は「約43億円」と、長崎県とそこまで大きく変わりません。ですが、鹿児島県の課税発生件数は「347件」と長崎県よりも100件以上上回っています。さらに、発赤件数「262件」の大分県の納税額が「約36億円」となっていることからも、納税額の高さが伺えます。

このように、発生件数は少ないのですが、納付税額が多くなっていますので、長崎県の相続人1人あたりの納付税額が他県よりも多いことが分かります。

3.件数、納税額ともに長崎市が最も多い

次は、他県とではなく長崎県内での発生件数や納付税額を確かめていきましょう。長崎県内で課税発生件数が最も多いのは、県庁所在地でもある「長崎市」です。長崎県全域での234件の内、長崎市だけで「111件」発生していますので、約半数が長崎市で発生していることになります。

次点としては、「佐世保市」の「54件」、「島原市」の「25件」と続いていきます。この並びは人口の多さとほぼ同じ順位となっていますので、人が集まりやすいところが発生する件数も多くなっています。

また、納付税額で見ても長崎市がトップで「約24億円」と、長崎県全域での納付税額約41億円の半数を占めています。納付税額の場合も、発生件数と同じ順位となっており、佐世保市の「約10億円」、島原市の「約2億円」と、長崎市が飛び抜けて多くなっているのです。

こうした結果から、長崎県内では長崎市での相続が多く行われており、長崎市が中心となっていると考えられます。さらに、佐世保市も含めると3/4を占めていますので、かなり地域差がある相続税事情となっています。

なお、この長崎市の納付税額は九州内でも高く、九州の市区町村の中で5番目に高い金額になっているのが特徴的です。

4.事務所あたりの在籍税理士が多い

さて、長崎県の課税割合を全国的に見ると「1.37%」で「45位」と少ない数字となっています。しかし、1事務所あたりの在籍税理士の数は「6.9人」と、なんと日本一の多さを誇っています。さらに、1事業所あたりの対応件数は「1.44件」となっているため、マンツーマンで対応してもらえる可能性も高いのです。

これは、課税割合は少ないものの、相続税などには非常に敏感になっていることが背景にあると考えられています。そのため、実力が高い税理士が集まり、減税対策に強いため、課税割合が低いのかもしれません。長崎県は、日本で初の会社が設立された場所でもありますので、古くから税金に対する考え方が浸透しているともいえるでしょう。

このように、長崎県では税理士が多いため、人手が足りなくて依頼ができない、という状況は考えにくいです。しかし、長崎県では相続が発生すると税理士に依頼することが、一般的になっているとも考えられます。ですので、早めに信頼できる税理士を見つけ、余裕を持って依頼することをオススメします。