横浜市南区・磯子区・金沢区・港南区の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
横浜 金沢八景

横浜市の最南端に位置する4つの行政区、南区、磯子区、金沢区、港南区。都市部からは少し離れているものの、湾岸地域の発展が著しいこの地区では、どのような相続の特徴があるのでしょうか?

1.横浜南エリアの相続データ

横浜市南区、磯子区、金沢区、港南区は、横浜南税務署が4つ全ての自治体の管轄となっています。横浜南エリアでは、相続税の申告件数は1,164件、実際に課税された件数が814件です。相続1件あたりの納付税額は約1,600万円、課税割合は11.23%となっています。

他の地域と比べてみると、申告件数、課税件数どちらも最も多くなっています。しかし、1件あたりの納付税額と課税割合は、中位よりもやや低い数字となっています。横浜全体の平均値は1件あたりの納付税額が約2,000万円、課税割合が12.39%ですので、どちらも平均をやや下回る数字です。

つまり、相続の全体数は多いものの、1件あたりの納付税額、起きやすさといった面ではほぼ平均的であるというのが横浜南エリアの相続の特徴といいえるでしょう。

2.横浜南エリアの地価事情

相続税の税額を決める重要な要素である地価。ここからは、横浜南エリアの大腸的な地域や地価の特徴について見ていきましょう。

2-1.南区

横浜市の18ある行政区の中で、人口密度が最も多い南区。区内の大半が住宅地として利用されていますが、注目したいのが交通網の整備状況です。区の中央部では、京浜線と鎌倉街道、そして街道の下には市営地下鉄が通っています。

さらに、北部と南部には2つの高速道路が開通しています。寺院など有名な観光スポットが多いこともあり人気を集めている地域です。幹線道路の周辺にはビルや高層マンションが多く立ち並んでいます。

南区全体の地価平均は約26万円、最も地価が高額なのは地価平均約35万円の阪東橋です。阪東橋は、中区にある市営地下鉄の駅周辺を指していますが、実はこの路線が区境のようになっています。

阪東橋駅は1日に2万近くの人が利用する南区の中でも、重要な交通拠点です。横浜駅へも乗り換え無しで行けること、バスターミナルによって駅までのアクセスが簡単なことから、地価が大きく値上がりしていると考えられます。

横浜 弘明寺公園

2-2.磯子区

市の東南部に位置し、東部は根岸湾と面している磯子区。沿岸部は低地、沿岸部をとりかく無用に丘陵地が広がっています。特に、沿岸部の低地はほとんどが埋立地となってリ、南部には緑地が残っているなど、土地の活用方法などが特徴的な区です。

磯子区の沿岸部は、古くから埋め立てが行われており、工場などが多く建設されていました。また、埋め立ての際の整備に併せて、ガスや電気などのライフラインを地下へ設置した頃から、現在と同じ構造の基盤を古くから有していました。

この基盤が、区全体の宅地開発をスムーズに行わせるきっかけとなり、磯子区が住宅地としての特色が強くなりました。磯子区全体の地価平均は約20万円、最も高額な地域が約26万円の杉田駅周辺を指す新杉田です。

杉田駅は、金沢区以外で唯一の金沢シーサイドラインが乗り入れる接続駅で、横浜方面だけでなく金沢方面へもアクセスが手軽な駅です。どちらの地域へも通勤圏内となるため、需要が高く地価が上昇しています。

2-3.金沢区

横浜市の最南端に位置し、市内唯一の自然海浜がある金沢区。ただ、全く埋め立てが行われていないとは言えず、工業地帯などが埋立地に造成されています。現在では、海の公園などのマリンスポーツが楽しめる複合施設も人気を集めています。

市内は住宅街としての利用割合が広く、団地も多く建設されています。また、交通網の整備もしっかり行われており、鉄道や高速道路などさまざまな手段で金沢区へのアクセスが可能です。特に、金沢区はマリンスポーツ以外にも、寺社や自然、大型商業施設など観光スポットが多いため、横浜観光の人気スポットにもなっています。

金沢区の地価平均は約19万円、最も高額な地域は約22万円の能見台です。能見台は、商業地ではなく住宅街としての活用が大半ですが、緑地が保全されており、住みやすい街として人気です。さらに、交通アクセスの良さから、横浜都心部のベッドタウンとして機能していることが、地価の上昇に繋がっています。

2-4.港南区

かつては南区に含まれる地域でしたが、行政区の再編成に分区したことで生まれた港南区。京急線、JR、市営地下鉄という3つの鉄道網と高速道路などの陸路がしっかり整備されているため、横浜南エリアのほぼ全域へのアクセスが簡単になっています。

これらの交通網は集中しているのではなく、区内全域に分散されているため、どの場所も利便性が変わらないことも大きな特徴です。また、商業地は北部にある上大岡や中央部の港南台などに集中し、特に港南台は区役所などの官公庁が集まっています。

港南区の地価平均は約23万円で、区全体としては地価は上昇傾向にあります。しかし、上永谷や港南中央といった地域では地価の減少が見られます。これらの地域は都市部から大きく離れているわけではありませんが、ちょうど鉄道駅の狭間となる地域であるため地価が減少してしまったのだと考えられます。

2-5.上大岡(港南区)

港南区で地価が最も高額な地域が、地価平均約33万円の上大岡です。港南区の商業の中心地となっているため、企業による土地需要の増加などから、港南区内では頭一つ抜けて高額な地価となっています。

また、上大岡は横浜市における主要な生活拠点として指定されており、上大岡駅は交通拠点しての役割を果たしています。京浜急行と市営地下鉄の2線が乗り入れており、京浜急行では横浜を超えて、羽田空港や品川、新橋など東京都まで手軽にアクセス可能になっています。

さらに、上大岡駅周辺は現在でも市街地再開発事業が行われており、新しい施設が建設させてています。一時期は地価の減少が続いていましたが、ここ数年では持ち直し、今後も上昇を続けていく可能性が高い要注意地域です。

2-6.横浜南エリアの地価の特徴

横浜南エリアの地価を高い順に並べると、南区、港南区、磯子区、金沢区となります。特に、南区が一際高額化しており、価格によって南区と港南区、磯子区と金沢区という2つの地域に分けられます。

ただ、どのエリアも交通網がしっかりと整備されているため、都心部へのアクセスは用意になっているのが特徴的です。そのため、商業地としての発展していない地域では、どのエリアの地価もほぼ横ばいとなっています。

また、埋立地の地価が大きく減少しているのも横浜ならではの地価の特徴かもしれません。埋立地は工場などで利用するために作られていることで、用途が限られ需要が少ないです。大陸地よりも地盤が不安定なことから、地価が伸びにくい傾向にあると考えられます。

そして、横浜南エリアは住宅地も含めた大半の地域で地価の上昇が見られています。交通の利便性の高さや自然が残る住みやすさが、ベッドタウンとしての機能に拍車をかけて人気を集めているのかもしれません。

横浜 シーサイドライン

3.所得と富裕層

間接的に相続財産に関わってくる所得。横浜南エリアの所得から、富裕層の分布などを探っていきましょう。横浜南エリアの各自治体の所得はは2014年のデータでは以下のようになっています。

自治体名所得
南区534万円
磯子区566万円
金沢区538万円
港南区611万円

地価の価格順とは異なっており、港南区が最も所得が多く、南区の所得が最も少なくなっています。これは、南区の地価が高額なため、近場で地価の低い港南区などを生活の拠点とする、ベッドタウンの活用傾向が強いことが考えられます。

また、南区は人口密度が高いため、理想の一軒家を購入しづらく、所得がある人は港南区で夢のマイホームを入手するなど、住宅地の広さも原因かもしれません。ただし、横浜南エリアの所得は、どの地域でも他の自治体のと比べて高額です。

地域内では安い南区でも、全国的に見れば非常に高額な地価となっているため、横浜南エリアはどの地域でも富裕層が多い地域といえるでしょう。特に、地価も所得も安定している港南区は相続税に要注意の地域です。

4.横浜南エリアの税理士事情

地価の上昇が見られ、所得が高額になりやすい横浜南エリア。効果的な相続税対策には、相続に精通した税理士の力が必要不可欠です。それでは、横浜南エリアの税理士事情を最後に確かめていきましょう。

自治体名在籍税理士数
南区130名
磯子区71名
金沢区70名
港南区121名

上記が各自治体の在籍税理士数で、中心部である南区と港南区に多く集まっているのがわかります。横浜南エリアの合計在籍税理士数は392名です。年間の課税件数が814件であることから、横浜南エリアでは税理士が不足している状態だといえます。

そして、横浜南エリアは神奈川県の都市部へも対応可能であるため、実力の高い税理士には依頼が殺到する可能性があります。依頼したい税理士へ確実に依頼するためにも、早めに税理士探しを行い、目星を付けておきましょう。

横浜市南区・磯子区・金沢区・港南区の相続税に強い税理士

【参考】横浜南エリア内の相続関連機関一覧

横浜南エリア内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2017年10月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
横浜南税務署〒236-8550
神奈川県横浜市金沢区並木3丁目2番9号
045-789-3731
戸塚県税事務所〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町449
045-881-3911
南区役所〒232-0024
神奈川県横浜市南区浦舟町2-33
045-341-1212(代表)
磯子区役所〒235-0016
神奈川県横浜市磯子区磯子3-5-1
045-750-2323(代表)
金沢区役所〒236-0021
神奈川県横浜市金沢区泥亀二丁目9番1号
045-788-7878(代表)
港南区役所〒233-0003
神奈川県横浜市港南区港南四丁目2番10号
045-847-8484(代表)
横浜地方法務局
本局
〒231-8411
神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57番地
横浜第2合同庁舎
045-641-7468(代表)
横浜地方法務局
栄出張所
〒247-0007
神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷一丁目6-2
045-895-3071(代表)
横浜地方法務局
金沢出張所
〒236-0021
神奈川県横浜市金沢区泥亀二丁目7-1
045-782-4993(代表)
横浜家庭裁判所〒231-8585
神奈川県横浜市中区寿町1-2
案件により異なる
HP参照
東京地方税理士会
横浜南支部
〒232-0018
神奈川県横浜市南区花ノ木町2-28
ハイツ花之木104号室
045-715-6651
神奈川県司法書士会
横浜中支部
〒231-0024
神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
045-641-1372
神奈川県司法書士会
横浜西支部
〒231-0024
神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
045-641-1372
神奈川県弁護士会〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通9番地
045-211-7707(代表)

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!