浜松市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
静岡県 浜松市 浜松城

井伊直虎ゆかりの地として人気を集める浜松市。静岡県の政令指定都市として、経済の中心地という大きな役割を担っている都市でもあります。では、浜松市の相続や税理士事情には、どのような特徴があるのでしょうか?

1.浜松市の相続事情

浜松市は面積や人口が県内最大級であることから、2つの税務署に管轄が分かれています。そこで、2つの管轄エリアを同時に見比べて、どのような特徴があるのか探ってみましょう。

浜松西エリアは、中区、西区、北区、湖西市の4つ、浜松東エリアは東区、南区、浜北区、天竜区の4つが対象地区となります。この2つのうち、浜松西エリアは課税割合が県内1位、浜松東エリアは3位の高さです。

税務署名申告件数課税件数1件あたりの納付税額課税割合
浜松西747件607件約1,400万円12.21%
浜松東467件377件約1,000万円10.85%

1件あたりの納付税額は、浜松西エリアが2位、浜松東エリアは8位という順位となっています。どちらにも共通するポイントとして、課税割合が非常に高いのですが、1件あたりの納付税額は比較的低い傾向にあることが考えられます。

特に、浜松東エリアは静岡県の平均データよりも1件あたりの納付税額が低くなっています。つまり、浜松市では西側の地区での相続が活発に起こっていることがわかり、その差も比較的大きいと予想できます。

2.浜松市の地価事情

浜松市の相続は、西と東で違いが現れています。そこで、地価の特徴から相続税額の違いを考えてみましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.中区

浜松市の中でもっとも地価が高額なのが中区です。浜松西エリアに属する中区は、静岡県の中心駅である浜松駅が建設されている地区です。浜松駅は、市内だけでなく県内の随所へのアクセスが可能なため、1日の利用者が約3万6,000人と非常に多くの人が利用しています。

また、浜松駅は新幹線が停車する駅でもあり、ひかり、こだまの2本の新幹線が停車する唯一の駅です。そのため、浜松駅周辺は大きく発展しており、大型商業施設やオフィスビルの建設も進んだ中心地域となっています。

中区全体の地価平均は約12万円、最も高額な地域は浜松駅より少し離れた新浜松地区です。新浜松は遠州鉄道の新浜松駅周辺を指した地区で、浜松駅から約500mほど離れている地域です。

地域名としては区切られていますが、浜松駅と新浜松駅は非常に近いため正確な区別は難しく、実際には相互作用によりこの地域の地価が上昇していると考えられます。そして、わずかな減少はあるものの喫緊の5年間は、地価が上昇傾向にあるため今後も地価が伸びていく可能性のある地域です。

2-1-2.西区

浜松エリアで2番目に高額なのが、地価平均約5万6,000円の西区です。区内で最も高額なのが、約7万5,000円の高塚地区です。JR東海道本線が通るこの駅からは、浜松駅へはもちろん、名古屋方面へのアクセスが容易なことから、1日に約2,700人もの人が利用する駅となっています。

また、高塚駅は自動車メーカーのスズキの本社の最寄り駅としても知られています。さらに、本社工場も隣接していることから、市内だけでなく県内の経済の拠点にもなり得る地区なのです。

ただ、駅周辺は商業施設などが多く建設されていることはなく、ほぼ全域が住宅地として利用されています。そのため、浜松駅周辺に比べると落ち着いた印象を受ける地区といえます。企業による土地需要が少ないため、中区に比べると地価が上がりにくいのかもしれません。

そして、高塚地区の地価は、2007~2008年の期間は地価が大きく上昇していますが、以後2014年頃までは地価が減少傾向にあります。現在は上昇しつつありますが、それでも5年程度の下がり幅の方が大きいため、安いときに土地を購入した人は、購入時よりも評価額が高額になっている可能性があります。

2-1-3.東区

浜松東エリアで地価が最も高額なのは、地価平均約9万円の東区です。東区は中区の北側に隣接していることから、中区の地価の上昇に影響を受けている地域かもしれません。実際に、中区から近いエリアでは地価が高額になりやすい傾向が見られています。

東区で地価が高額な地域は、八幡駅や助信駅周辺です。特に、八幡駅周辺は浜松駅周辺に次ぐ発展具合を見せています。この八幡駅は中区にあるのですが、東区との区境が近いため、一部地域の地価が高額化しています。

助信駅は八幡駅へと続く駅であるため、地域の中心駅として活用されています。ただ、都市部の発展では八幡駅周辺のほうが発展しており、助信駅周辺は落ち着いた印象を与える駅となっています。

こうした地域の特性は、ベッドタウンとして活用されている地域によく見られる特徴とよく似ています。東区は中区へはもちろん、愛知県へも簡単にアクセスが可能なため、こうしたエリアのベッドタウンとして活用が進んでいると考えられます。

2-1-4.浜北区

浜松東エリアで2番目に地価が高いのが、地価平均約6万円の浜北区です。区内で最も地価が高額なのは、浜北駅周辺で約7万円となっています。浜北駅は区内でも使用頻度の高い中心駅となっていることから、商業施設や行政施設などが集中しています。

市街地化している浜北駅周辺ですが、古くから建てられている住宅も残っているのが特徴的です。区の東部には団地を始めとした住宅密集地があり、他の地域でも代表的な住宅地が有ることから、全体的に住宅地として活用されているといえます。

一方で、浜北区に拠点を置く企業も多く、工場などが多く建設されています。特に、楽器で馴染み深いヤマハのオートバイを取り扱う工場も浜北区にあります。つまり、地域を跨がなくても、仕事と家庭を両立できる地域であるため、地価も高くなりやすいと考えられます。

ただ、広く考えると浜松市や静岡県の中心地域とはいえないため、上昇しやすい反面下落しやすい特性もあります。実際に、浜北区の北部では、わずかですが地価の下落も見られ、全体としても大きく下がり続けた時期もありますので、注意深く地価の動向を把握しておきましょう。

静岡県 浜松市 浜名湖 弁天島鳥居

2-2.地価の特徴

浜松市の地価の特徴をまとめると、浜松西エリアの方が地価が高額な地域となっています。しかし、2~3番目は浜松東エリアの東区、浜北区となっています。平均的に見ると浜松東エリアの方が地価が高くなりやすい地域だと考えられます。

実は、中区の地価が他の地域よりもずば抜けて高額になっており、ぞれぞれの区の最も高額な地域を比べると3倍近い差が現れています。つまり、西か東かというよりも、浜松駅が地価の重要なポイントになっており、西側に位置するからこそ浜松西エリアの地価が高くなっているといえるのです。

また、浜松市の西部は愛知県と隣接しています。そのため、浜松市の西部になるほど愛知県へと近くなり、愛知県のベッドタウンとしての役割が強くなっていきます。そして、反対に名古屋ヘは遠いことから、隣接する愛知県の住民が浜松市へ通勤している可能性もあります。

こうした2つ地域の関係が成り立つからこそ、愛知県に近い浜松西エリアの需要が高く、地価も高額化していると考えられます。ただし、浜松市は静岡県で6番目に地価の高い地域でもあり、全体的に地価が高くなっていますので、効果的な相続税対策が必要になるでしょう。

3.所得と富裕層

浜松市は西と東で地価に差が現れていますが、どちらにしても地価が高額な地域です。では、相続税額に関係するもう一つの要素である所得には、どのような特徴があるのでしょうか?

所得のデータは区別のものがありませんので、市全体のデータになります。浜松市の所得税の納税義務者数は約38万人、課税対象所得は約1兆2,300億円です。1人あたりの所得は約320万円となります。

浜松市の1人あたりの所得金額は静岡県内で4番目に高額な所得であり、高所得者が多く集まっている地域といえます。さらに、他の地域の1人あたりの所得金額を見てみると、3~6番目の地域はほぼ横並びとなっています。

また、地価の分布を考えると、差はありますが東西どちらかに富裕層が固まっているわけではありません。つまり、東西にかかわらず浜松市内の各地に富裕層が分布していると考えられるため、東側エリアでも相続税対策を十分に意識しておきましょう。

4.浜松市の税理士事情

地価と所得、相続税額に影響を与える2つの価格が高額な浜松市では、相続税額も高額になる可能性が高い都市です。そこで頼りになるのが、税理士による相続税対策です。大切な遺産を少しでも手元に残すためにも、確実に税理士を活用していきましょう。

浜松市に在籍している税理士は490名です。浜松市全体の課税件数は977件ですので、年間1人あたり2件程度の相続を対応していることになります。実際には、全ての人に均等に振り分けられることはありませんので、1箇所に集中してまうと対応が困難になる可能性もあります。

つまり、浜松市の税理士は不足している可能性が高いです。特に、相続に強い税理士は依頼が集中することが考えられます。相続が始まる前から税理士探しをしておき、相続開始後には素早く依頼ができるように準備しておきましょう。

また、中区に事務所を構える税理士は229名と、浜松市の税理士の約半数が集まっています。中区は各地域からアクセスが良く、平日などにも訪れる機会が多い地域です。まずは、どこに税理士事務所があるかの確認だけでもしておくと、よりスムーズに相続税対策が行なえます。

浜松市の相続税に強い税理士

【参考】浜松市内の相続関連機関一覧

浜松市内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2017年11月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
浜松西税務署〒430-8585
静岡県浜松市中区中央一丁目12番4号
浜松合同庁舎
053-555-7111
浜松東税務署〒430-8667
静岡県浜松市中区砂山町216番地の6
053-458-1111
浜松財務事務所〒430-0929
静岡県浜松市中区中央1-12-1
053-458-7123(総務)
浜松市役所〒430-8652
静岡県浜松市中区元城町103-2
053-457-2111(代表)
静岡地方法務局
浜松支局
〒430-0929
静岡県浜松市中区中央1-12-4
浜松合同庁舎
053-454-1396(代表)
浜松公証役場〒430-8620
静岡県浜松市中区元城町219-21
第一ビル2階
053-452-0718
静岡家庭裁判所
浜松支部
〒606-0801
静岡県浜松市中区中央1-12-5
案件により異なる
HP参照
横浜地方法務局〒422-8062
静岡県静岡市駿河区稲川一丁目1番1号
054-289-3700
静岡県弁護士会
浜松支部
〒430-0929
静岡県浜松市中区中央1-9-1
静岡県西部法律会館内
053-455-3009

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!