相続税や所得税がクレジットカードで納税可能に!

クレジットカード

あまり知られていませんが、2017年1月4日よりクレジットカードによる国税の納税が可能となりました。さらに、一部の自治体では住民税などの地方税もクレジットカードで納付できるようになっています。

そこで、クレジットカードでの納税方法を基本からきちんと身につけて、便利に活用できるようにしましょう。そして、上手に活用することで、無理だった減税効果も実現できるという噂も検証していきます。

1.クレジットカードでも納税が可能に!

意外に手間がかかってしまう税金の納付。実は、クレジットカードでの納付が可能になったことで、より手軽に納付ができるようになりました。

1-1.納税可能な税金

2017年1月4日よりクレジットカードの納付が可能となりましたが、実は全ての税金が対応しているわけではありません。対象となる税金は、国税と地方税です。さらに、一部自治体では住民税などの地方税などもクレジットカードで納付ができます。

それでは、具体的にどのような税金な対象となっているのか、一覧にしてまとめます。

申告所得税
(復興特別所得税)
消費税
(地方消費税)
相続税
法人税
(連結納税を含む)
地方法人税
(連結納税を含む)
復興特別所得税
(告知分のみ)
源泉所得税
(告知分のみ)
申告所得税復興特別法人税
(連結納税を含む)
贈与税酒税たばこ税
(たばこ特別税)
石油税石油石炭税電源開発促進税
地方道路税揮発油税
(地方揮発油税)
石油ガス税
航空機燃料税登録免許税
(告知分のみ)
自動車重量税
(告知分のみ)
印紙税加算税延滞税

こうした税金の納付は個人事業主や経営者などがメインとなるため、サラリーマンなど一般的な職業の方にはあまり関係がないかもしれません。しかし、相続税や贈与税、自動車重量税などは多くの人が関わってきます。

また、加算税や延滞税などの附帯税もクレジットカードでの納付が可能ですので、覚えておくと便利かもしれません。
現金での納付だと準備が必要になったり、支払期限を過ぎてしまったりすることがありますので、使い方を覚えておき、少しずつ活用してみましょう。

1-2.クレジットカード納付の使い方

クレジットカード納付は、文字通りクレジットカードで各種税金の決済を行う方法です。ただ、支払いの代わりといっても、通常の現金による納付とは異なることもありますので、その特徴を確かめておきましょう。

1-2-1.納付の基本

まず覚えておきたいのが、クレジットカード納付はインターネットの特設サイトでのみ可能だということです。コンビニなどで支払う時には、今まで通りクレジットカードは使用できませんので、気をつけましょう。

また、インターネット上から支払いができるため、利用時間は365日24時間いつでも可能なのが大きなメリットです。しかし、緊急メンテナンスなどが行われる可能性もありますので、いつでもできるといっても余裕を持って納付を行いましょう。

クレジットカード納付で使用できるのは、Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、TS CUBIC CARDなどのカードです。日本で使用されているカードでメジャーなところは抑えられていますので、手持ちのカードが使えないということはあまり無いと思われます。ただ、サイトによって異なることもあるので、事前に調べておきましょう。

そして、気になる決済方法ですが、一般的なインターネット通販とほとんど変わりません。必要な個人情報やクレジットカードの情報を入力することで決済されます。もちろん、カードが使用できなければ決済もできませんので、利用上限などをあらかじめ確認し、納付手続きを行いましょう。

1-2-2.決済手数料

比較的便利に活用できるクレジットカード納付ですが、1点気になるのが決済手数料です。納付する税額の上限はありませんが、金額に応じた決済手数料が必要です。国税の場合は、納付金額が1万円を上回る場合ごとに82円が加算されることになります。

例えば、9,000円の納付の場合は決済手数料が82円、3万円納付する場合は82円×3=246円です。
「上回る場合」という条件があるため3万1円の場合は328円となります。意外に高額な手数料が発生してしまうかもしれません。

2.納付手続きの方法

それでは、具体的な納付方法を主要なサイトを例に、使い方などを見ていきましょう。

2-1.国税

国税の場合のクレジットカード納付は、「国税クレジットカードお支払サイト」でのみ受付けています。このサイトは国が運営しているものではありませんが、国税庁長官が指定した納付受託者が運営していますので、安心して使用できます。

国税クレジットカードお支払サイト

国税の納付方法は、まずこのサイトにアクセスし、納付に当たっての注意事情を確認します。その後、あなたの氏名や住所などを入力します。この際、一般的な情報だけでなく、納付先税務署などの情報も入力します。

特に、納付する税目や期間、金額などは全て自分で入力しなければいけませんので、手元に書類を用意して、間違えないように入力しましょう。そして、使用するクレジットカードの情報を入力し、最後に間違いがないかを確かめれば納付手続きが完了します。

また、専用サイトのトップページでは納付税額から決済手数料が試算できますので、あらかじめどれだけの手数料が発生できるのかを確認しておけます。慣れるまでは難しいかもしれませんが、使い方やより詳しい情報がすぐに見られるようになっているので、ぜひ一度チャレンジしてみましょう。

2-2.地方税

続いては、住民税などの地方税を納める場合です。地方税のクレジットカード納付は、自治体ごとに活用しているサイトが異なっており、自治体ごとに専用サイトが用意されていることが多いです。

例えば、東京都なら「都税クレジットカードお支払サイト」です。国税と違って一括して納付できるサイトが少ないため、まずは住んでいる自治体のサイトなどから、対応しているか、どこで納付手続きをするのかを調べておきましょう。

都税クレジットカードお支払サイト

また、地方税の納付ができるサイトでは「Yahoo!公金支払い」を覚えておきましょう。ここでは、複数の自治体の税金を納付できるポータルサイトとして利用者が増えています。そのため、ここを先に確認して、なければ個別のサイトを探すのが効率的かもしれません。

具体的な使用方法はサイトごとに異なっていますが、多いのは国税と同じ方法です。中には、納付書に記載されているナンバーを入力するだけで簡単に納付できるところもあります。特に、納付書に同封されている書類には、クレジットカード納付について記載されていることもありますので、細かいところまでチェックしておきましょう。

3.クレジットカード納付のメリット

クレジットカードによる納付は支払手数料が必要なため、少し割高に感じてしまうかもしれません。ですが、クレジットカード納付ならではの支払い方が、いくつものメリットを生んでくれるのです。

3-1.利便性の向上

クレジットカード納付のメリットとして真っ先に挙げられるのは、利便性の高さです。コンビニなどでは現金でのみ支払いが可能であるため、支払い前にはATMを利用して事前に用意しなければいけません。

特に、納める税金が重なってしまうと10万円以上用意しなくてはならず、すぐに支払いたいのに時間がかかってしまうこともあります。さらに、お金を引き出すための手数料が、クレジットカード納付の支払手数料よりも高いこともあるため、トータルでみると安くなることもあるのです。

3-2.ポイントサービスの併用

現在流通しているクレジットカードには、カード独自のポイントサービスが付与されていることがあります。こうしたポイントサービスは支払ったもの全てが対象となるため、税金の納付でもポイントの対象となりポイントを貯められるのです。

つまり、金額は変わらなくても結果的に減税となる可能性があります。税金は金額が高額化することや、定期的に納付が発生します。税金の支払いをクレジットカードで行うことで、効率よくポイントを貯められ、お得になります。

こうしたメリットを上手に活用することで、気が滅入りがちの税金の支払いを少しでも前向きに捉えられるようになるかもしれません。

ポイントカード

4.クレジットカード納付の注意点

手軽で便利なクレジットカードでの納付ですが、利用するに当たって気をつけておきたい注意点があります。後悔せずに利用できるよう、しっかりと覚えておきましょう。

4-1.車検に関する注意点

クレジットカードでの納付はインターネット上で納付を行う仕組みです。そこで注意が必要なのが、領収書が発行されないこと、納税証明書の発行が遅れてしまうことです。そして、これらのことが大きく関わってくるのが車検です。

通常車検を行う場合、自動車税の納税証明書が必要になります。しかし、自動車税をクレジットカードで納付すると、通常送付される車検用の納税証明書は郵送されません。さらに、納税証明書を別途発行するためには10日前後の日数が必要です。

そのため、車検間際に納税を行う場合、クレジットカードで納付すると間に合わなくなる可能性があるのです。ただし、自動車税をインターネット上で納付するにあたって、電子的に納税が確認できるようになっています。

つまり、納税証明書の提示が省略できるようになりました。ただ、車検を受け付けるお店などで提示を求められる可能性もあります。必ず車検を行うお店などに納税証明書が必要かどうかを確認してからクレジットカードで納付するようにしましょう。

4-2.納付の注意点

クレジットカードでの納付で気をつけたいのが、一部の支払方法が使えないことです。その一つが、ボーナス払いや2回払いなどの支払い方法の変更です。納付は常に一括払いで行わなければいけないため、分割での納税ができないのです。

しかし、カード会社の支払い回数を変更することで、擬似的に分割払いすることは可能です。ただ、この場合は納付の手数料に加えて分割払いの手数料が必要となり、通常の納付よりも割高になってしまうので注意しておきましょう。

また、自分で支払う金額などを入力しなければなりませんが、一度決済したものの取り消しや変更ができません。後から払い過ぎなどが分かっても、原則変えることはできないため、入力する際には十分に気をつけましょう。

そして、国税に関しては窓口が国であることから、誰でも利用できますが、地方税に関してはまだ利用可能な自治体が少ないのが事実です。今から納税しようとしている税目がクレジットカードに対応しているかどうか、自治体に問い合わせるなどして必ず事前に確認したほうが良いでしょう。

4-3.詐欺に遭う可能性がある

クレジットカードでの納付はインターネット上で行うからこそ、詐欺に気をつけなければいけません。特に、フィッシング詐欺という方法には要注意です。

フィッシング詐欺とは、全く同じ構造のサイトを作り上げて、間違って入力した内容を悪用する詐欺です。見た目は完全に同じサイトのデザインのため、国税庁を語ったメールやリンクなどで偽サイトに飛ばされてしまい、詐欺被害に遭ってしまうのです。

この詐欺を回避するためには、専用サイトへアクセスする際には必ず国税庁やe-Taxなどの公的サイトを経由したり、手続き前にURLを確認したりする自己防衛が必須です。

さらに、セキュリティソフトを最新のものへ更新するなど、しっかりとセキュリティ対策を行い安全に納付しましょう。

5.クレジットカード納付の利用方法

最後に、クレジットカードでの納付をより活用するために、効果的な利用方法を考えてみます。

5-1.証明書が必要ない税金を支払う

クレジットカード納付のデメリットである領収書や納税証明書が発行されないことは、どうやっても改善できません。そこで、これらの証明書類が必要ない税金をクレジットカードで納付するようにしましょう。

たとえば、所得税や住民税であれば、納税証明を求められる機会はほとんどありませんので、適しているでしょう。

ただ、どれがどの支払い方法なのか迷ってしまうこともあるため、税金の支払い書などを納付方法ごとに分けて管理しておくのがオススメです。

5-2.ポイント利率の良いクレジットカードを使用する

クレジットカードでの納付の大きなメリットとなるのが、ポイントサービスが活用できることです。カードごとに利用できるポイントサービスは、基本的に月ごとに支払った総額に所定の割合をかけたものが付与されます。

例えば、ポイント利率が1%であれば、3万円の納税を行えば300ポイント貯まります。もし、1ポイント=1円として活用できれば、決済手数料を支払ってもポイントの方が多いため、お得になります。

また、カードのポイントをPontaやTポイント、マイルなどへ変更することができるものもあるため、貯めたポイントをさまざまな場所で使えます。中でも特に重要なのは、nanacoにお金をチャージする行為もポイント付与の対象になる場合があることです。

実は、コンビニで納付する時にはクレジットカードは使えませんが、nanacoにチャージした電子マネーでの支払いはできるのです。つまり、nanacoで支払いを行うことで間接的にクレジットカードでの支払いとなるため、自動車税などの支払いをインターネット上で行わなくてもポイントが付与されます。

5-3.特性を活かした裏技で活用

クレジットカードの納付で覚えておくと便利なのが、複数のカードを使用できることと、カードの名義は関係ないということです。この2つの特徴を活かすことで、活用方法に幅が広がります。

まず、複数のカードが使用できることで可能なのが、擬似的な分割払いです。例えば、2万円の納付を行う場合、AとBの2つのカードで1万円ずつ支払うことができます。カードによって締め日が異なるため、上手く活用すると分割支払いのような支払いができます。

そして、カードの名義が関係ないということは、家族全員分の税金を1枚のカードで賄えるということです。この方法を実践するケースは限られてしまいますが、1枚のカードで全て支払うことで、端数を逃さずポイント換算できるため、より効率的にポイントを貯められます。

また、高額な税金を支払う場合、他の決済と重なると限度額の上限を超えてしまい、他のことに使えなくなることもあります。そこで、納付用のカードを一枚用意しておくことが便利です。

特に、nanacoへのチャージも対象になるものなら、カードを持ち歩かなくても利便性を損ないませんので、これをきっかけに用意してみるのもおすすめです。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ