相模原市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加

神奈川県の北部にあり、南区、中央区、緑区の3区から形成されている相模原市。東京都との境目にあたるこの地域は、よりベッドタウンとしての機能が強く現れてる市でもあります。そこで、相続の特徴を地価や所得から考えていき、最適な相続対策を講じられるよう準備を始めましょう。

1.相模原市の相続事情

神奈川県相模原市の相続税の申告件数は767件、実際に課税された件数は547件です。相続1件あたりの納付税額は約2,200万円、課税割合が9.67%となっています。神奈川県の平均データでは、1件あたりの納付税額は約2,000万円、課税割合が12.39%です。

2つのデータを比較してみると、1件あたりの納付税額は平均を上回っていますが、課税件数は平均よりも低くなっていることが分かります。また、県内の他の地域と比較してみると、1件あたりの納付税額が県内で7位、課税割合は16位です。

県内の管轄税務署が18箇所ですので、納付税額と課税割合の順位の差が非常に開いていることが分かります。つまり、相模原市の相続の特徴として、県内では課税される可能性は比較的少ないのですが、課税される金額は高額であるということがいえるでしょう。

特に、相模原市の1件あたりの納付税額は、神奈川県の主要部である横浜よりも上回っています。相続税の課税対象には選ばれにくい相模原市ですが、該当すると高額な課税が行われるため、しっかりと相続税対策を講じておきましょう。

2.相模原市の地価事情

それでは、相模原市の相続の特徴を、相続税額に大きな影響を与える地価から考えていきましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.南区

相模原市の中でも商業地が広く建設されており、市の経済活動の中心部にもなっている南区。市内の区の中では最も多い人口を抱えているのも特徴の1つです。さらに、東京都町田市と隣接していることから、町田市との行き来も盛んに行われています。

その結果、町田市の中心駅である町田駅周辺の地価平均が約61万円と、区内で最も高額な地域となっています。南区全体の地価平均が約20万ですので、大きく上回っていることが分かります。町田駅はちょうど南区と町田市の境に建設されており、かつ周囲には多くの商業施設が建設された町田市内の中心地域にもなっています。

こうした相乗効果により、町田駅に近い南区の地域の地価が高額化しています。また、南区内では複数の鉄道路線が乗り入れる相模大野駅周辺も地価が高額になっており、平均約28万円で区内で2番目に高額な地域です。

そして、南区は鉄道駅がしっかり整備されていること、東京都へ近いことなどから、各地で地価が高くなっています。しかし、東京都との隣接部から離れてしまう原当麻などは地価の減少が見られており、分かりやすく地価の構造が二分しています。

2-1-2.中央区

相模原市の3行政区の中で、文字通り真ん中に位置している中央区。他の2区と比べて、市街地としての整備が進んでいることが大きな特徴です。南区などは人口が多く、どうしても住宅地が広くなってしまうため、中央区が市街地として発展する要素を満たしていたのかもしれません。

また、南区と同じく町田市と隣接しているのですが、中央区と町田市の間には広大な相模総合補給廠という米軍施設が建設されています。そのため、中央区の鉄道駅は区の内部に作られているので、町田市との距離ができてしまい南区ほど近い距離にはありません。

その結果、中央区の地価には町田市の影響が現れにくくなっています。中央区全体の地価平均は約16万円、最も地価が高額なのは市の中心駅である相模原駅周辺の約20万円です。

中央区が市街地として大きく発展したのは、相模原駅の存在が大きく影響していると考えられます。市の中心駅として多くの人が訪れるため、商業施設やオフィスビルなどがいくつも建設され、商業とビジネス、2つの方面へ大きく発展し市街地が形成されたのです。

2-1-3.緑区

相模原市の西部に位置し、市の面積の約77%を占めている緑区。さらに、南北にも広がっているため、同じ区内の市の最西端、最南端、最北端が存在しています。ですので、区の候補にも北区や西区が挙げられた程です。

現在の緑区が区名に選ばれたのは、区の面積の90%以上を占める、西部の津久井地域の影響です。津久井地域には、丹沢山地や秩父山地などへ続く山々が多く、2つの山地を分ける相模川や道志川など、非常に多くの自然が残っています。加えて、ダム湖である相模湖や宮ヶ瀬湖などの大きな湖も多く、まさしく緑区といった印象を受けます。

緑区全体の地価平均は約12万円と、他の2区に比べると少し安い印象がある価格です。しかし、地価が最も高額な地域は、平均約22万円の橋本駅周辺です。橋本駅を中心とした橋本地域は、元々市街地として大きく発展していた地域ですので、区の中心部として機能しています。

しかし、区の東側にある橋本地域よりも、自然が残る西側の津久井地域の面積の方が広くなっています。さらに、山々や川など自然を残すために、商業施設の出店などが難しので、津久井地域の地価は非常に低くなっているのです。つまり、東西で大きく地価が大きく異なっているため、平均すると面積の広い津久井地域の影響により、全体の地価は安くなってしまいます。

2-2.相模原市の地価の特徴

相模原市全体の地価平均は約16万円で、中央区の地価平均とほぼ同じです。相模原市の各区の地価を高い順に並べると、南区、中央区、緑区となります。特に、南区は相模原市しの平均である20万円を超える地域がいくつもあるのため、他の2区よりも地価平均が頭一つ抜けた結果となっています。

また、相模原市の各地で地価の上昇が見られており、ここ数年は継続して地価が上がっています。これは、相模原市が東京都のベッドタウンとして機能し発展してきたため、地価が高くなってしまった東京都よりも需要が高まっているのかもしれません。

しかし、相模原市でも地価が下がっている地域があり、それが各区の西側地域です。市の東側は東京都町田市と隣接してますが、西側は距離もあり東京都までの距離も伸びています。その結果東西で地価の上昇率が異なってしまい、価格差も大きくなっています。

そのため、相模原市では東側に位置するほど土地に対する地価が高額になりやすい特徴があります。特に、町田市と隣接しており行き来も手軽に行える南区では相続税へ注意しておきましょう。

3.相模原市の所得と富裕層

相模原の所得税の納税義務者数は約33万8,000人、課税対象所得は1兆1,400億円です。1人あたりの所得に直すと約337万円となります。この所得金額は、神奈川県内では33市町村の中で15位と、ほぼ中位に位置しています。

神奈川県は全国屈指の高所得地域で、上位の市町村は全国を対象とした自治体の中でも上位にランクインするほどです。そのため、相模原市の所得は県内では中位ですが、全国では176位と上位10%以内にランクインしています。

つまり、相模原市は県内では影に隠れていますが、富裕層が集まる地域といえるでしょう。中でも、地価の高い南区は市内有数のビジネス街である中央区へ手軽に通勤ができますので、より富裕層が集まっていると考えられます。

また、相模原市は東京都の中心部まで約30~40分で移動が可能です。ですので、東京都の中心部も通勤可能範囲となり、全体的に高所得者が多いのかもしれません。そして、所得が高額であり、地価の上昇も確認されている相模原市では、相続税への対策がより重要となっています。

4.相模原市の税理士事情

相続税への有効的な対策を講じるには、税理士の力を借りること重要です。税理士は税金を仕組みや手続きなどを扱うプロだからこそ、私たちでは行えない意外な対策から減税へと大きく導いてくれるのです。

相模原市の在籍税理士数は298名で、それぞれ南区には127名、中央区に127名、緑区に44名が在籍しています。相模原市の1年間の課税件数は547件ですので、やや不足しているといえるでしょう。

さらに、区ごと在籍税理士数を比べてみると、南区と中央区に集まっており緑区の在籍税理士数は極端に低くなっていることがわかります。そのため、緑区では他の2区よりも早めに税理士探しを行い、必要に応じて他区の税理士にも無料相談などへ行ってみましょう。

相模原市は地価の上昇が見られており、加えて人口も増加している市です。現在は南区で再開発が、将来的には緑区へリニアモーターカーの停車駅が建設されることが決まっています。地価や人口の上昇が起きる要件をこれらも満たし続けており、相続税額の上昇が起こる可能性が高いためしっかりと相続税対策を講じて備えておきましょう。

相模原市の相続税申告に強い税理士

【参考】相模原市内の相続関連機関一覧

相模原市内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2018年2月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
相模原税務署〒252-5211
神奈川県相模原市中央区富士見6丁目4番14号
042-756-8211
(代表)
相模原県税事務所〒252-0381
神奈川県相模原市南区相模大野6-3-1
042-745-1111
(代表)
相模原市役所〒252-5277
神奈川県相模原市中央区中央2-11-15
042-754-1111
(代表)
横浜地方法務局
相模原支局
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見六丁目10-10
相模原地方合同庁舎
042-753-2110
相模原公証役場〒252-0231
神奈川県相模原市中央区相模原4-3-14
相模原第一生命ビルディング5階
042-758-1888
横浜家庭裁判所
相模原支部
〒231-8585
神奈川県相模原市中央区富士見6-10-1
042-755-8661
(代表)
神奈川県司法書士会〒252-0236
神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
045-641-1372
(代表)
神奈川県弁護士会
相模原支部
〒252-0236
神奈川県相模原市中央区富士見6-11-17
神奈川県弁護士会相模原支部会館
042-751-0958
(代表)

 

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ