文京区の相続と税理士事情

文京区

東京都23区のほぼ中央に位置している文京区。立地の良さから都内の主要地域へのアクセスが手軽なこの地域は、多くの人から需要が高くなっている地域でもあります。では、文京区の相続にはどのような特徴があるのでしょうか?

1.文京区の相続事情

東京都文京区の1年間の相続税申告件数は582件、実際に課税された件数は416件です。相続1件あたりの納付税額は約3,800万円、課税割合は26.94%となっています。23区内の相続税の平均データでは、1件あたりの納付税額は約3,000万円、課税割合は16.78%です。

文京区で起きている相続のデータは、どちらも23区内の平均を大きく上回る数値になっていますので、文京区は相続税に対する対策や準備が特に重要な地域といえるでしょう。また、他の地域と比較してみると、1件あたりの納付税額は5位、課税割合は7位と上位に位置していることが分かります。

東京都23区内では、他の自治体よりも納付税額や課税割合は高い傾向にあります。さらに、23区内では下位でも他の自治体ではトップクラス数字になっている場合もあります。つまり、全国トップの相続税データが集まる23区内でも、文京区は上位に位置しているため、しっかりと相続税への対策を講じなければ行けない地域なのです。

2.文京区の相続事情

それでは、文京区で高額な相続税が課されやすい理由を地価から探ってみましょう。

2-1.文京区の代表的な地域と地価

2-1-1.後楽園~水道橋

神田川が千代田区との区境になっている後楽園や水道橋です。文京区の南部に位置するこの地域は、行楽地としての人気が非常に高く観光地としても賑わっています。特に、東京ドームは商業の中心にもなっており、近隣には関連施設であるラクーアや東京ドームシティアトラクションズ、東京ドームホテルなどが建てられています。

また、東京都教育長の教員研修センターや文京区役所、戦没霊園といった、区だけでなく都や国の重要な施設などが集まっている地域です。そのため、旅行者だけでなくサラリーマンなどが集まるビジネス地としての様相も見せています。

この地域の地価平均は約170~200万円で、文京区の中でもトップクラスの地価になっています。特に、東京ドーム周辺や水道橋駅周辺はより地価が高額化しており、200万円を超える地域も多く点在しています。

一方で、文京区の内部である後楽園駅方面へ行くと、地価は減少傾向にあります。しかし、この地域には小学校や中学校が建設されており、住宅地としての姿も見せています。住宅地であっても地価100万円程度の場所もありますので、高額な相続税が課税される可能性が高い地域でもあるのです。

2-1-2.本郷

後楽園から東部へ進んだ場所にある本郷。地域名としては、文京区の東部全体の地域を指しています。本郷は東京屈指の文教地区であり、北東部には東京大学のキャンパスが建設されています。さらに、南部には医療施設、北西部には出版関連企業が多く連なっており、まさしく文化の町として機能しています。

また、この地域の中心駅である本郷三丁目駅は、丸ノ内線と大江戸線、2つの路線が交わる地域であるため、ビジネス街や繁華街として大きく発展しています。さらに、新しい商業施設の他にも、昔ながら開業している商店や旅館も点在しており、文京区の中でも中心的な役割があることが伺えます。

本郷の地価平均は約125万円で、文京区の中でも上位に位置している価格になっています。本郷の住宅地は北西部に位置しており、この地域の地価は約80~90万円です。つまり、住宅地であっても地価が下がりにくい傾向になります。その結果、相続が発生すると地価に課される相続税が高額化する可能性が高い地域なのです。

さらに、本郷は他区の人気地域と隣接しており、アクセスが手軽に行える地域でもあります。すると、本郷の中心部から離れることで、他の中心地域に近くなり地価がより高額に変化していく場合もあるのです。そのため、駅や中心部から離れていても相続税に対する危機感は変わらず、むしろより危機感を持って対応しなければいけなくなる場合もあるのです。

2-1-3.湯島

本郷からさらに東へ進むと到着するのが湯島です。ちょうど台東区との区境に位置する地域で、境目が入り組んでいるため、気づいたら台東区になっていた、という不思議な地域でもあります。

中心駅である湯島駅周辺などは大きく発展していますが、湯島聖堂や湯島天満宮などの著名な史跡などが残る地域でもあるため、賑やかな雰囲気だけでなく落ち着いた印象を与えることが多い地域です。さらに、本郷に近いことからか、湯島にも医科大学が建設されており、医療関連の企業も多く集まっているのが特徴です。

湯島の地価平均は約140万円で、区内ではベスト3に入るほど地価の高額な地域です。住宅地が形成されている湯島四丁目の地価でも、約90万円と高額になっていますので、繁華街の地価だけが高額になっていないことが分かります。

また、台東区の区境に近づくほど、御徒町や上野に近づきます。これらの地域は台東区の中心地域にもなっており、大きく発展している地域です。そのため、東部へ寄るほど地価が高額になっているため、湯島のどのエリアでも安心はできないでしょう。

2-2.文京区の地価の特徴

文京区全体の地価平均は約105万円で、23区内で9位の高さを誇る地域です。特に、区内で地価平均が100万円を超える地域は18地点中6箇所あり、約3/1が地価平均と同等かそれ以上の地価になっています。

ですので、どこかだけが飛び抜けて地価が高いのではなく、全体的に地価が高くなっているのが文京区の地価の特徴といえるでしょう。また、文京区の東部、南部、西部には他の自治体の中心地域と隣接しているという特徴もあります。つまり、その地域の中心部から離れると、他の地区の中心地域に近づくため、結果として地価が減少しにくく安定化しているのです。

また、文京区の各地域は2016年から2017年にかけてどの地域でも地価が上昇が見られています。この上昇の背景には、文京区のだけではなく他地区へのアクセスの手軽さなどが、人気に拍車をかけた結果だと考えられます。

そのため、これからも文京区のへの人気が高くなり、それに伴い地価が上昇する可能性を秘めているのです。文京区は中心地域でも住宅地が形成されており、住宅地でも地価が下がりにくい傾向にあります。相続は生活拠点である住宅が中心に起こりますので、地価の高い住宅地が点在していることから、文京区の1人あたりの納付税額も高額になっているのだといえます。

3.文京区の所得と富裕層

続いて、相続税額を決定するもう一つのポイントである所得について考えてみましょう。文京区の所得税の納税義務者数は約11万5,000人、課税対象所得は6,750億円です。1人あたりの所得を計算すると約586万円になります。

この文京区の所得は、東京都内で5位という高額な金額です。全国の自治体の中でも7位という非常に高い順位となっており、全国的にも文京区には富裕層が多く生活しているといえます。文京区に高所得者が集まる背景には、やはり近隣の自治体の状況が関係していると考えられます。

文京区の周辺には、台東区、新宿区、千代田区というという京都の中でも大きく発展した中心地域が広がっており、ちょうど真ん中に位置しているのが文京区なのです。さらに、こうした地域は地価が高いだけでなく、マンションなどが多いため一軒家を建造し生活するということが難しい場合があります。

ですので、各地へのアクセスが手軽で、しっかりと住宅地が整備されている文京区が成果拠点として最適なのです。特に、新宿区や千代田区は東京都内でも所得が高い地域です。つまり、他の地域で働いている高所得者が文京区に集まりやすい環境が整っているともいえるのです。その結果、文京区には富裕層が多く生活しており、かつ土地への人気の高さから地価の上昇も起きているのだと考えられます。

4.文京区の税理士事情

文京区ではどの地域でも相続税対策が必要となる条件を満たしているため、早いうちから対策を講じておく必要があります。そこで気になるのが、相続税対策の要ともいえる税理士の在籍状況です。では、文京区に在籍している税理士はどれくらいるのでしょうか?

文京区に在籍している税理士数は581名です。年間の課税件数が416件ですので、文京区内では税理士が不足しているわけではありません。そのため、依頼が重なった場合でも、依頼ができなくなる事態に陥ることはないでしょう。

ただし、文京区では土地の需要が高まっており、今後移住者が増える可能性があります。移住者=生活世帯数が増えるとそれだけ相続件数も増えてしまい、結果的に税理士が不足するかもしれません。今は大丈夫でも今後も同じような状況が続くかどうかは分かりませんので、今のうちに相続へ向けた行動を始めておくのが良いでしょう。

そして、文京区は地価の上昇が続いています。もし、今の状況で新たに再開発などが行われれば、より地価は高騰し購入時よりも高くなってしまう可能性が非常に高くなります。そのため、しっかりと地域の発展状況などにも気を配っておき、税理士と連携しながら時代に合った相続税対策を行いましょう。

【参考】文京区内の相続関連機関一覧

文京区内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2018年3月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
小石川税務署
(小石川地区)
 〒112-8558
東京都文京区春日1丁目4番5号1-4-5
 03-3811-1141
(代表)
本郷税務署
(本郷地区)
〒113-8459
東京都文京区西片2丁目16番27号
03-3811-3171
(代表)
東京都文京都税事務所〒112-8550
東京都文京区春日1-16-21
文京シビックセンター内
03-3812-3241
(代表)
文京区役所〒112-8555
東京都文京区春日1-16-21
03-3812-7111
(代表)
東京法務局〒102-8225
東京都千代田区九段南1-1-15
九段第2合同庁舎
03-5213-1234
文京公証役場〒112-0003
東京都文京区春日1-16-21
文京シビックセンター8F
03-3812-0438
東京家庭裁判所〒100-8956
東京都千代田区霞が関1-1-2
案件により異なる
HP参照
東京司法書士会
文京支部
〒113-0031
東京都文京区根津1-3-8
03-5814-1281
(代表)
東京弁護士会〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-3
弁護士会館6階
03-3581-2201
(代表)
第一東京弁護士会〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-3
弁護士会館11~13階
03-3595-8585
(代表)
第ニ東京弁護士会
ひまわり
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-1-3
弁護士会館9階
03-3581-2255
(代表)

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

都道府県から相続税に強い税理士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ