長岡市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
新潟 長岡

新潟県中越地方の重要都市として機能している長岡市。この地域では商業だけでなく工業や農業などさまざまな産業が盛んに行われています。そんな長岡市にはどのような相続税の特徴があるのか、その背景を地価や所得などから考えていきましょう。

1.長岡市の相続事情

長岡市の管轄は長岡税務署と小千谷税務署2つの税務署に分かれており、それぞれ他の自治体と合計された相続税のデータとなっています。そのため、今回は長岡市の大部分と出雲崎町を管轄している長岡税務署のデータを元に考えていきます。

長岡税務署の2016年度の相続税申告件数は701件、課税件数が588件です。相続1件あたりの納付税額は936万円、課税割合が6.22%となっています。新潟県全体の平均データでは、1件あたりの納付税額が957万円、課税割合は5.56%です。

この平均データと比較すると、1件あたりの納付税額は平均並み、課税割合は上回っていることが分かります。また、自治体ごとに見てみると長岡税務署の1件あたりの納付税額は県内で3位、課税割合は2位と非常に高い数字となっています。

実は、新潟県は一部の地域の納付税額が高くなっているため、全体平均となると金額が高くなってしまうのです。そのため、長岡市は平均よりも低く見えてしまうのですが、実際の課税は高くなっており十分な対策が必要な地域です。

2.長岡市の地価事情

課税額と課税割合どちらも高い数字を記録している長岡市。それでは、この特徴を作っている要因はどのようなものなのか、まずは地価から考えていきましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.長岡駅

長岡市の中心駅として機能している長岡駅。長岡駅は信越本線と上越線2つの路線に加えて、新幹線も乗り入れているターミナル駅です。そのため、市内や県内の移動だけでなく県外からも利用している人が多い重要拠点でもあります。

駅構内には新潟県初の駅ビルが建設され、度々リニューアルされています。さらに、駅の西側にある正面口には商店街が形成されており、飲食店が多く建設されています。また、新幹線の停車駅であることからホテルが多く建設されているのも特徴の1つです。

長岡駅周辺の地価平均は約8万7,600で、市内で最も地価が高額な地域です。やはり長岡駅が市の中心駅として機能していることから多くの人が集まるため、飲食店や商業施設からの需要が高くなることで地価が上昇しているのだと考えられます。

また、駅周辺には銀行施設やオフィスビルなども多く建設されており、市の経済の中心市街地となっています。特に長岡市は新潟県のほぼ中部に位置しているため、他の地域からも訪れやすいため人気が落ちにくいという特徴も地価への影響度が高い要因といえるでしょう。

2-1-2.宮内

長岡市の南部に位置する宮内地区。この地域は摂田屋という街が有名で、古くから醸造文化が栄えてきた地域です。現在でも味噌や醤油、日本酒などの醸造が行われており、地元の観光の目立にもなっています。

この地域として中心駅として機能しているのが宮内駅です。宮内駅は上越線の終点駅であり、信越本線と2線が乗り入れる駅ターミナル駅として機能しています。特に、長岡駅への乗換駅としても機能していることから、1日に平均900人前後の乗客が利用しています。

宮内駅周辺の地価平均は約4万5,800円、市内で2番目に高額な地価の地域です。駅の東口はリニューアル前から存在したため、東口側にはホテルや飲食店などが建設されています。ただ、駅周辺の大半は住宅地として利用されており、件数はそこまで多くありません。

また、駅周辺には学校や美術館などの文化施設がいくつか建設されています。さらに、企業の研究施設や工場なども多く、合わせて団地や社宅も建設されています。そのため、駅周辺にはさまざまな需要があるものの、頻繁に建て替えることができないため、地価は高いものの1位になれるまでには高騰しなかったと考えられます。

2-1-3.北長岡

長岡駅から北へ進んだ場所にある北長岡駅。1995年に無人化してしまいましたが、2014年に駅舎が新しくなり、より利便性は向上しています。長岡市の北部には工業地帯が形成されており、この北長岡駅も工業地域に含まれています。

そのため、駅の西側には沿岸部まで多くの工場が建設されています。一方で、東側には団地を始めとした住宅街が広がっており、駅を挟んで東西で街の様相が大きく変化しています。ただ、大まかにでも棲み分けが行われているため、地域内で生活拠点から通勤先まで全てが完結している利便性の高い地域となっています。

北長岡駅周辺の地価平均は約4万2,000円で、市内で3番目に地価が高い地域です。この地域の特徴である工業地帯とそれに伴う住宅街という構図が、住みやすさと働きやすさを両立した街を形成しているため、地価が高額になりやすい傾向があると考えられます。

さらに、長岡駅に近いことから、こうした市街地のベッドタウンとしての機能も持ち合わせています。ですので、住宅街として確立されていることがベッドタウンとしての人気を高めることにもなり、2つの需要から人気の住宅街となっているといるでしょう。

2-2.長岡市の地価の特徴

長岡市全体の地価平均は約4万7,600円で、新潟県内で2位の金額を誇っています。ただ、長岡市内でこの平均を上回っている地域は長岡駅周辺と宮内のみです。つまり、地価が大きく高騰している一部の地域があるため地価平均が高くなっていますが、この地域を除けばこの地価平均は下がるでしょう。

また、長岡市の地価は前年から1.27%のマイナス成長になっており、地価の下落は市内の全地域で見られています。特に、この下落傾向は1997年から見られており、年々地価が下落しています。

この背景にあるのは、関東地方や中部地方の中心都市に近いことから若者世代の流出が怒っており、市内での人口減少が起きていることが要因だと考えられています。その結果、市内全域で高齢化が進んでおり、商業施設の撤退なども起こっています。

また、市内の課税割合や課税件数が多いのも、この高齢化が進んでいることが要因だといえます。相続は住宅街を中心に起きていますが、亡くなる可能性の高い高齢化が進んでいる地域でも課税件数や課税割合が増える傾向にあります。ですので、長岡市では相続が発生しやすく、それに伴う対策をきちんと講じておくことが重要なのです。

3.長岡市の所得と富裕層

次は、長岡市の所得状況から相続税の特徴を考えていきましょう。長岡市の所得税の納税義務者数は約12万4,300人、課税対象所得は約3,488億6,400万円です。1人あたりの所得を計算すると約280万円となります。

この金額は県内で4位の所得額です。ただ、静岡県内の所得は2位~5位の自治体まで1万円程度の差しかありません。つまり、ほぼ同額の自治体が多いため、順位から判断するよりも県内での金額は非常に高いのです。そのため、長岡市は県内でも富裕層が多い地域であることが分かります。

これは、長岡市が中越地方の中心都市として機能しており、商業以外にも食品や機械製造を行う工業、天然ガスなどのエネルギー産業、お米などの農業などが盛んです。さらに、長岡市は中心地域の周辺にも住宅街が形成されているほど、産業と生活が密着した街づくりが行われています。

ですので、長岡市内で働き、長岡市内で生活をしている人が多いため、こうした高い所得金額を生み出しているのだと考えられます。特に、地価の高い長岡駅や宮内駅周辺で生活している人は、不動産と財産どちらへも高額な課税が行われれやすく要注意の地域といえるでしょう。

4.長岡市の税理士事情

高額な相続税が課税される可能性が高い長岡市では、税理士による相続税対策が特に重要な地域です。そこで、長岡市の税理士事情を最後に確かめていきましょう。

長岡市に在籍している税理士数は132名です。新潟県に在籍している税理士が合計で791名ですので、全体の約6/1が長岡市に在籍していることになります。そして、長岡市の一年間の相続税申告件数は701件、課税件数が588件です。県内では多くの税理士が在籍している地域ですが、課税件数と比較すると不足気味であることがいえるでしょう。

実は、新潟県の税理士は新潟市に集中して在籍しており、新潟市の税理士だけで県の税理士数の半数近くになります。ですので、長岡市で生活している人でも新潟市の税理士を調べておき、無料相談などで実際に訪れて雰囲気を確かめることがオススメです。

また、新潟県は面積が広いことも特徴の1つで、地域によっては新潟市と隣接しているといっても移動の負担が大きい場合もあります。そのため、事前にインターネットなどで情報を集めておき、訪れる税理士を地域単位で絞っておくことも必要です。特に、こうした移動の手間が税理士探しに時間がかかってしまう要因にもなりますので、相続が起こる前から税理士探しを始めておき、スムーズに依頼ができるように準備しておきましょう。

長岡市の相続税に強い税理士

【参考】長岡市内の相続関連機関一覧

長岡市内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2018年7月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
長岡税務署〒940-8654
新潟県長岡市千歳1丁目3番88号
長岡地方合同庁舎
0258-35-2070
(代表)
小千谷税務署
(主に川口地域)
〒947-8540
新潟県小千谷市東栄1丁目5番24号
0258-83-2090
(代表)
長岡地域振興局〒940-8567
潟県長岡市沖田2丁目173番地2
0258-38-2501
(代表)
長岡市役所〒940-8501
新潟県長岡市大手通1丁目4番地10
0258-35-1122
(代表)
新潟地方法務局
長岡支局
〒940-0082
新潟県長岡市千歳1丁目3番91号
0258-33-6901
(総務課)
長岡公証人合同役場〒940-0053
新潟県長岡市長町1丁目甲1672番地1
コーポ長町1階
0258-33-5435
新潟家庭裁判所
長岡支部
〒940-1151
新潟県長岡市三和3-9-28
0258-35-2141
(代表)
新潟県司法書士会〒950-0911
新潟県新潟市中央区笹口一丁目11番地15
025-244-5121
関東信越税理士会
長岡支部
〒940-1151
新潟県長岡市三和3丁目8番地16
0258-33-8080
新潟県弁護士会
長岡相談所
〒940-1151
新潟県長岡市三和三丁目123番地10
0258-86-5533

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!