横浜市戸塚区、栄区、泉区の相続と税理士事情

戸塚

横浜市の南西部にあり、鎌倉市や藤沢市と隣接している戸塚区、栄区、泉区の3区。ベッドタウンとしての機能を果たすこの地域ではどのような特徴を持った相続が起きているのでしょうか?

1.戸塚区、栄区、泉区の相続事情

横浜市の南西に位置している戸塚区、栄区、泉区の3区。これらの区は全て戸塚税務署の管轄となっており、相続税の各種データは統合されたものが発表されています。

戸塚区、栄区、泉区の2016年度の相続税申告件数は777件、実際に課税された件数は548件です。相続一件あたりの納付税は約2,022万円、課税割合は11.67%となっています。また、神奈川県全体の平均データによると、相続一件あたりの納付税額は約2,053万円、課税割合は12.85%です。

戸塚区、栄区、泉区のデータと平均データを比較してみると平均データをわずかに下回る数字となっています。実際に他の地域と比較してみると、18の管轄地域の中で10位とほぼ中位に位置しています。つまり、戸塚区、栄区、泉区の相続は神奈川県の平均的な相続と同様の特徴があるといえるでしょう。

2.戸塚区、栄区、泉区の地価事情

戸塚区、栄区、泉区の相続の特徴を、相続税額への影響が大きい地価から考えてみましょう。

2-1.各地域の特徴と地価

2-1-1.戸塚区

横浜市の南西に位置し、鎌倉市や藤沢市と隣接している戸塚区。戸塚区は横浜市内の中で最も広い面積を擁し、人口は市内4位の多さを誇る区です。古くは宿場町として栄えており、JRが開通した現在でも主要な交通拠点として機能しています。

また、発展とともに日立製作所などの企業進出が相次いだことで市街地の造成などが急速に進みました。現代でも多くの工場が残っており、国道や環状道路といった自動車交通網がしっかりと整備されていることから、食品を扱う工場が多いことが特徴的です。

戸塚区の地価平均は約23万6,600円、最も高額なのは約31万2,000円の上倉田町です。この地域には市の発展にも影響した日立製作所や中心駅である戸塚駅、戸塚区役所などが建設されており、市の商業や工業、行政の中心地となっています。

そのため、地域全体で地価は高額なのですが、上倉田町は戸塚駅から少し離れた住宅街として整備され、近年再開発が行われた地域です。つまり、生活拠点としての利便性や暮らしやすさが再び評価されたことで需要が伸び、その結果地価が上昇したのだと考えられます。

2-1-2.栄区

横浜市の南部に位置し戸塚区の東部と隣接している栄区。東西に長い形をしており、古くから鎌倉市とのつながりが深い地域です。そのため、区の発展も鎌倉市の発展に伴って行われていた経緯があり、鎌倉市の人気上昇に伴い栄区の人気や需要も伸びてきました。

栄区の地価平均は約17万円、最も地価が高額なのは大船駅周辺の約27万5,800万円です。ただし、大船駅は鎌倉市に属する駅となっており、厳密には栄区ではありません。しかし、大船駅の周辺に鎌倉市と栄区の境目が作られているため、大船駅周辺の栄区の地域では地価が大きく上昇しているのです。

また、栄区の北部は港南区と隣接しているのですが、港南区にある港南台駅も栄区との区境に近い駅となっています。そのため、港南台駅周辺の地域も地価が上昇しやすく、区内2位高さを誇っています。

実は、栄区内には鉄道駅が本郷台駅一つしか無く、この駅は区の中心部に存在します。つまり、区の北部や南部で生活する人にとっては利用しづらくなっています。ですので、他の自治体であっても北部や南部から近い駅周辺は人気があり、特に南部の大船駅は横浜市と鎌倉市を繋ぐ交通拠点となっているため、より地価が上がりやすくなっているのです。

2-1-3.泉区

戸塚区の西部に位置し、藤沢市や大和市と隣接している泉区。泉区は比較的平坦な土地であり、いくつもの河川が流れています。そのため、こうした自然の特徴を活用した農業が盛んな地域であり、その農地面積は市内で最大の広さを誇っています。

泉区の地価平均は約20万円、最も地価が高額なのは約24万6,000円のいずみ野駅周辺です。この地域は主に住宅街として活用されているのですが、いずみ野駅はもともといずみ野線の終着駅として建設されました。

現在では路線が延長されたため終着駅ではなくなりましたが、同時に藤沢市と旭区を結ぶ重要な路線となっています。実は、いずみ野駅の開業に合わせて住宅街が新たに造成されたという背景があり、比較的新しい住宅街なのです。

また、この地域は自然が多く残っているのも特徴的で、駅から続く桜並木は住民から非常に高い人気を集めています。つまり、いずみ野駅周辺は交通の利便性が高く、緑が多く残る住宅街という特徴が、生活拠点にしたいという高い人気や需要を集め、それが地価の大幅な上昇に繋がっていると考えられます。

2-2.戸塚エリアの地価の特徴

戸塚エリアの各区を地価の高い順に並べると戸塚区、泉区、栄区となり、市内での順位はそれぞれ10位、14位、18位となっています。市内には18の行政区がありますので、戸塚区が中位に位置しており、泉区と栄区が下位に位置していることが分かります。

実は、もともとこの3つの区は戸塚区に属しており、人口急増により戸塚区の一部地域が泉区、栄区として独立した背景があります。つまり、この地域は戸塚区を中心に発展しており、泉区と栄区は戸塚区のベッドタウンという位置づけになっているといえるのです。

また、戸塚区が東京都や横浜市のベッドタウンとして発展してきた背景があるのですが、同じベッドタウンとして人気の高い藤沢市や鎌倉市と隣接しているのもこのエリアの特徴です。ですので、ベッドタウンとしての人気や需要が分散してしまったことで、泉区や栄区の地価がより低くなっているとも考えられます。

ただし、藤沢市や鎌倉市では急速に地価の上昇が起きているため、そのベットタウンとして泉区と栄区が注目されているということもあります。そのため、今後も地価は上昇する可能性は高く、住宅街が多い戸塚エリアだからこそ相続税への対策が重要です。

3.戸塚区、栄区、泉区の年収と富裕層

続いて、戸塚区、栄区、泉区の年収状況から相続税の特徴を考えていきましょう。戸塚区、栄区、泉区それぞれの年収は以下のようなデータが発表されています。

自治体名年収1,000万円以上の比率
戸塚区619万円12.41%
栄区614万円13.25%
泉区620万14.07%

地価では戸塚区が突出した結果となっていましたが、年収を比較してみると栄区がわずかに低いですが、ほぼ同程度の金額になっています。特に、年収1,000万円以上の比率は戸塚区が最も少ない数字という意外な結果となりました。つまり、年収だけで判断するとどの区も一定数の富裕層は生活していますが、中でも泉区には多いといえるでしょう。

これは、戸塚区の地価が高いことから、富裕層であっても栄区や泉区で自宅を購入する傾向が高いということが考えられます。また、戸塚区の工場は点在しており、勤める工場に近い地域が異なるため、戸塚区ないよりも栄区や泉区のほうが利便性が高いことも、栄区や泉区に富裕層が要因といえます。

そして、地価と合わせて考えると地価の高い戸塚区は相続税への対策が必須といえますが、栄区、泉区も年収に大きな差はありません。ですので、戸塚区、栄区、泉区はどの地域でも相続税について日頃から考えておき、適切な対策を講じられるように準備しておくことが必要です。

4.戸塚区、栄区、泉区の税理士事情

戸塚区、栄区、泉区で相続税対策を行う場合、頼りになるのはお金のプロフェッショナルである税理士です。そこで、戸塚区、栄区、泉区に在籍している税理士の状況を確かめていきましょう。

自治体名在籍税理士数
戸塚区109名
栄区49名
泉区42名

戸塚区、栄区、泉区には上記のように在籍しており、合計すると200名の税理士が在籍しています。在籍状況を見ると戸塚区を中心に在籍しており、栄区と泉区では戸塚区の半数以下の税理士しか在籍していません。

また、戸塚区、栄区、泉区の1年間の相続税申告件数が777件、課税件数は548件となっています。合計在籍税理数の2.5倍を上回る課税が行われていることから、戸塚エリアでは税理士がやや不足していることが分かります。

そのため、戸塚区、栄区、泉区の3つの区では早めに相続税対策を見据えてた税理士探しを行う必要があります。特に、栄区と泉区では地元の税理士だけでなく戸塚区でも税理士探しを行い、確実に依頼できるように候補となる税理士を見つけておきましょう。そして、適切な相続税対策を行い、1円でも多くの遺産を相続しましょう。

【参考】戸塚区、栄区、泉区内の相続関連機関一覧

戸塚区、栄区、泉区内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2018年9月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
戸塚税務署〒244-8550
神奈川県横浜市戸塚区吉田町2001番地
045-863-0011
(代表)
戸塚県税事務所〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町449
045-881-3911
(代表)
戸塚区役所〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-17
045-894-8181
(代表)
栄区役所〒247-0005
神奈川県横浜市栄区桂町303-19
048-473-1111
(代表)
泉区役所〒245-0024
神奈川県横浜市泉区和泉中央北5-1-1
045-800-2323
(代表)
横浜地方法務局
戸塚出張所
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町2833
045-871-3912
(代表)
横浜家庭裁判所〒231-8585
神奈川県横浜市中区寿町1-2
案件によって異なる
HP参照 
神奈川県司法書士会〒231-0024
神奈川県横浜市中区吉浜町1番地
045-641-137
東京地方税理士会
戸塚支部
〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町449-2
戸塚法人会館 2F
045-864-3300
神奈川県弁護士会〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通9番地
045-201-1881
(代表)

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

都道府県から相続税に強い税理士を探す
この記事が役に立ったらシェアしてください!

GoogleAdsense関連コンテンツ