沼津市、御殿場市、裾野市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
沼津 静岡

静岡県の東部に位置している、沼津市、御殿場市、裾野市。沼津市を中心としたこれらの市は、静岡東部の中心都市としても機能しています。では、これら3都市の相続や在籍税理士の状況には、どのような特徴があるのでしょうか?

1.沼津エリア相続事情

静岡県の代表的な地域である沼津市、御殿場市、裾野市。これらは、全て沼津税務署の管轄範囲となっており、さらに清水町や長泉町、小山町の相続事情を集結したデータとなっています。

沼津エリアの相続税の申告件数は559件、実際の課税件数は423件です。相続1件あたりの脳部税額は約1,180万円、課税割合は10.00%となっています。静岡県全体の平均データでは、1件あたりの納付税額が約1160万円、課税割合は9.68%です。

平均データとくらべてみると、沼津エリアの1件あたりの納付税額は平均並み、課税割合はやや平均を上回っている数字となっています。さらに、他のエリアと比較してみると、1件あたりの納付税額は県内で4番目、課税割合は5番目と、やはり中位に位置していることが分かります。

つまり、沼津エリアの相続の特徴は、静岡県の平均的な相続が起きていることだといえるでしょう。ただし、順位で見ると平均的ですが、実際の数字で沼津エリアのより下の順位の地域とは各数字に大きな差が現れています。そのため、平均的ではありますが要注意なエリアであることには変わりありません。

2.沼津エリアの地価事情

相続税の課税額を決める要因の1つである地価から、沼津エリアの相続の特徴を確かめていきましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.沼津市

静岡県の東部、伊豆半島のちょうど付け根に位置している沼津市。古くは、東海道の陸路と海路を結ぶ交通拠点であったため、かねてより多くの人が行き来していた地域です。特に、機構が温暖であることや、箱根や伊豆半島への観光拠点としても優れた立地条件を誇るため、別荘地や保養地としても人気を集めていました。

特に、皇室や著名人が相次いで別荘を構えたことから、海のある軽井沢とも呼ばれていた時代がありました。現在では、富士山が美しく見えるほか、豊富で新鮮な魚介類が観光の目玉となっており、これら目当てに訪れる人も増えています。

沼津市の地価平均は約10万円、最も地価が高額な地域は沼津駅周辺の約15万円です。沼津駅は市の中心駅として機能しており、静岡県の東部地域の商業の中心地にもなっている場所です。駅周辺には、商店街や百貨店などが集まっており、大きな賑わいを見せています。

一方で、郊外に大型商業施設が建設されたり、地価の高い中心部を避けて生活拠点を構えたりする影響から、中心市街地の空洞化が進行しています。大型百貨店などの撤退が相次いでいることもあり、地価は年々減少傾向にあります。

2-1-2.御殿場市

沼津市から北東部に進んだところにある御殿場市。沼津市よりも富士山や箱根に近いことから、これらの観光への拠点にもなっています。御殿場市は土地の標高が高い高原都市であるため、真夏でも涼しい気候が特徴な地域です。

御殿場市は富士登山の拠点として栄え始め、当該道新幹線開通以降は登山だけでなく、涼しい気候を活かした避暑地として人気を集めました。さらに、東名高速道路の開通により、観光業だけでなく工業の進出も盛んに行われ、より活気づき発展していきました。

御殿場市の地価平均は約7万3,000円で、最も地価が高額な地域は約8万3,000円の御殿場駅周辺です。市の中心駅である御殿場駅は開通とともに整備され、周辺には駅を中心とした商店街が形成されました。しかし、道路整備と自動車の発展や、郊外の広い土地を活かした大型商業施設が多く建設された影響で、駅前の商店街は衰退の色を見せています。

一方で、郊外の土地需要が増えたことから、市の中心部では地価の減少が見られますが、郊外では横ばいを保っている地域もあります。また、御殿場駅の南東部にある東田中地区は、区画整理事業により大型店舗が集まっていますので、今後は郊外と中心部との地価の逆転が起こる可能性もあります。

2-1-3.裾野市

沼津市と御殿場市の中間に位置している裾野市。沼津市のベッドタウンとして発展してきたこの地域は、名前のように、富士山、箱根山、愛鷹山という3つの山の裾野に位置おり、自然が豊かなことからも人気の地域です。

緑が豊か裾野市ですが、製造業が盛んで県内でトップクラスの出荷額を誇る地域でもあります。さらに、トヨタ自動車やアルバックなどの企業の研究所が多く建設されていることから、先端技術の研究都市としての機能も持ち合わせています。

裾野市の地価平均は約7万5,000円、地価の最も高額な地域は裾野駅周辺の約10万5,000円です。裾野市の中心市街地に位置し、代表駅でもある裾野駅は御殿場線開業と同時に建設されたは最も古い駅の1つです。

駅周辺には裾野市役所や商業施設が建設されており、駅西側の地域は市の顔になるほど発展しています。新しく駅周辺で区画整理事業が始まったことで、駅前広場などの整備が行われており、他の2つの地域に比べて地価の減少は緩やかになっています。

2-2.沼津エリアの地価の特徴

さて、3つの地域の地価を高い順に並べてみると、沼津市、裾野市、御殿場市となります。大きく発展している沼津市を中心として、遠くなるほど地価が下がっていますので、このエリアは沼津市を中心とした都市形成が行われていることが分かります。

また、沼津市の地価は、県内でも5番目に高額な価格となっているため、その注目度合いの高さが伺えます。ただ、沼津市は郊外への人口流出が起きており、この光景は御殿場市でも見られています。

市の地価の減少率を比べてみると、沼津市、御殿場市、裾野市という順になります。影響の少ない裾野市は、沼津市と御殿場市の中間に位置しており、両方の地域の郊外にあるともいえます。そのため、裾野市の地価の減少率は少なくなっているのかもしれません。

ただし、減少率は少なくても、上昇しているとまではいえません。良くても横ばいの地価となっています。地価が低くなっている場合は、新たな土地開発や商業施設の建設などで地価が急上昇する場合もあります。現在は下がっているといっても沼津エリアは元々地価が高額な地域ですので、地価の動向には注意しておき、適切な相続税対策を講じましょう。

3.沼津エリアの所得と富裕層

地価と同様に相続税への影響が大きい所得。それでは、それぞれの市の所得状況から、富裕層の分布などを確かめていきましょう。

自治体名納税義務者課税対象所得1人あたりの所得
沼津市約9万4,000人約3,000億円約319万円
御殿場市約4万4,000人約1,400億円約318万円
裾野市約2万6,000人約840億円約323万円

所得を比べてみると、裾野市が最も高額な所得であり、沼津市と御殿場市はほぼ同じ所得金額となっています。他の地域と比べてみると、裾野市の所得は県内で3番目に高く、沼津市、御殿場市はそれぞれ7番目8番目に高額な地域です。

つまり、沼津エリアの各地域は、受け取っている所得が高額であり、富裕層が多く生活している地域といえるでしょう。裾野市は、大企業の製造工場が多く建設されており、かつ農業も盛んに行われています。他の2市と比べても、製造業が大きく発展していることから、受け取っている所得も高額化しているのでしょう。

また、沼津市が中心地域にもかかわらず所得が伸び悩んでいる背景には、郊外への人口流出が関係している考えられます。沼津駅周辺の商業地域の衰退が尾を引き、所得が落ち込んでいるのです。

一方で、沼津市と御殿場市の所得が似ていることから、観光業の人気は今なお続いているのだとわかります。つまり、基本的な商業は観光業がベースとなっており、他の経済活動がプラスされている地域は所得額が高額になりやすいのが、沼津エリアの所得の特徴といえるでしょう。

4.沼津エリアの税理士事情

最後に、沼津エリアの在籍税理士について確かめていきましょう。

自治体名在籍税理士数
沼津市109名
御殿場市19名
裾野市4名

各地の税理士の状況は以上のようになっており、合計で132名の税理士が沼津エリアに在籍しています。沼津エリアの1年間の課税件数は423件ですので、税理士は不足しているといえるでしょう。

また、地域ごとに見てみると、沼津市に税理士が集中しており、御殿場市と裾野市に在籍している税理士はごく僅かであることが分かります。そのため、御殿場市、裾野市で生活している人は、地元の税理士に加えて沼津市の税理士へも依頼することを考えておかなくてはいけません。

そこで、沼津エリアでは一足早い税理士探しがより有効となっています。元々不足しがちな沼津エリアの税理士ですが、特に相続に強い税理士となるとその数はより少なくなります。対策の効力は税理士の実力にかかっていますので、しっかりと信頼できる税理士を探しましょう。

沼津エリアは地価が減少傾向にありますが、反面所得が高いのが特徴です。土地への課税よりも相続財産への課税額がメインとなるため、どの地域も相続が発生する可能性が高い地域です。日頃から相続税対策について考えておき、タイミングを見計らって適切な対策を実行しましょう。

沼津市、御殿場市、裾野市の相続税申告に強い税理士

【参考】沼津エリア内の相続関連機関一覧

沼津エリア内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2018年2月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
沼津税務署〒410-8686
静岡県沼津市米山町3番30号
055-922-1560
(代表)
沼津財務事務所〒410-8520
静岡県沼津市高島本町1-3
案件により異なる
HP参照
沼津市役所〒410-8601
静岡県沼津市御幸町16-1
055-931-2500
(代表)
御殿場市役所〒412-8601
静岡県御殿場市萩原483番地
0550-83-1212
(代表)
裾野市役所〒410-1192
静岡県裾野市佐野1059番地
055-992-1111
(代表)
静岡地方法務局
沼津支局
〒410-0033
静岡県沼津市杉崎町6-20
055-923-1201
沼津合同公証役場〒410-0801
静岡県沼津市大手町3-6-18
住友生命沼津ビル5階
055-962-5731
静岡家庭裁判所
沼津支部
〒410-8550
静岡県沼津市御幸町21-1
案件により異なる
HP参照
静岡県司法書士会〒422-8062
静岡県静岡市駿河区稲川一丁目1番1号
054-289-3704
静岡県弁護士会
沼津支部
〒410-0832
静岡県沼津市御幸町24-6
静岡県東部法律会館内
055-931-1848
(代表)

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!