倉敷市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
岡山県 倉敷市 美観地区

岡山県の南部に位置する倉敷市。修学旅行で訪れた方も多い都市かもしれません。古き良き町並みが残る倉敷市の相続には、どのような特徴があるのでしょうか?

1.倉敷市の相続事情

倉敷市はもともと倉敷市、玉島市、児島市の3つの市に分かれており、これらの市が統合することで今の市が作られました。そのため、倉敷市の相続データもこのなごりを受けて、今でも3つの税務署が管轄しています。

税務署名申告件数課税件数1件あたりの納付税額課税割合
倉敷411件337件約970万円8.10%
玉島128件107件約800万円10.33%
児島54件51件約860万円7.94%

これらが倉敷市のエリアの相続データです。この中で、玉島エリアの課税割合は県内1位の数字となっており、相続が起こりやすい地域となっています。ただ、1件あたりの相続税額はどのエリアも平均並みか、それ以下の数字となっており、そこまで高額ではありません。

また、3つの地域を比べてみると、倉敷エリアでは1件あたりの納付税額が高く、玉島エリアでは課税割合が高くなっています。児島エリアはどちらも高くありませんが、安定した数字となっています。

このように、各エリアには同じ倉敷市といってもさまざまな特徴が見られます。それでは、この地域による特色の違いを探っていきましょう。

2.倉敷市の地価事情

相続税額に影響を与える無視できないポイントが地価です。相続する遺産の中でも高額になりやすいものだからこそ、影響力が非常に高くなっています。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.倉敷エリア

倉敷市の重要地域である倉敷エリア。倉敷駅を中心とするこの地域は、かねてより中心市街地として発展してきました。現在では、全盛期に比べると勢力は落ちてしまいましたが、それでも倉敷市のメインエリアといっても過言ではありません。

倉敷駅は鉄道だけでなく、多くのバスが発着するターミナル駅となっています。そのため、多くの人が訪れる地域となっており、南側の商業エリアも大きく賑わっています。一方北口エリアには、ファンシーな時計台が建てられており、可愛らしい雰囲気が漂うバスターミナルが作られています。

南口の賑やかしさとは反対に、日中は落ち着いた雰囲気がのどかさを感じさせます。倉敷エリアの地価平均は10万円前後だといわれています。特に、倉敷駅に近い阿智などは30万円以上の価格になっていることもあり、地価の高額化が目立っています。

また、大幅に減少しているものの、今でも米や野菜を中心にした農業も行われています。ただ、産業としてみると脆弱であり、メインとなる産業は工業や商業となっています。

2-1-2.玉島

旧玉島市を指す玉島エリア。現在は新倉敷駅を中心とした街づくりが行われています。新倉敷駅周辺は、倉敷市の中でも地価が高額な地域で、地価平均約6万5,000円です。この地域は、もともと港町として発展しており、物資の集散地として栄えていました。

現代までも引き続き港町としての機能を備えており、現在では水島港が作られ貿易港として機能しています。さらに、水島工業地帯の一部を形成しており、周囲には事業所や工場などが立ち並んでいます。

また、工業だけでなく、果樹栽培も盛んに行われていえうのも特徴的です。特に、モモやマスカット、ブドウなどの名産地としても知られています。加えて、海岸があることから水産業や水産加工業なども主要な産業となっています。

このように玉島は海や川の水を使ったここでしか行えない産業が盛んなため、生活の拠点としても機能しています。ただ、区画整理により新倉敷駅周辺に都市機能が移ったことで、工業地域からの人口流入が起こり、新たな中心地となりました。その結果、新倉敷駅周辺の地価が上昇し、他の地域の地価が下落しています。

2-1-3.児島

旧児島市にあたる児島エリア。倉敷市の南東部に位置し、岡山県内では最南端の地域です。瀬戸内海に面したこの地域では、海の資源を最大限利用した海産業が盛んに行われています。タコや鯛などが採れる他、ハマチの養殖なども行っており、特に下津井では岡山県内最大の漁獲量を誇っています。

また、児島は繊維の街としても知られています。もともとは伝統工芸である小倉織など織物業が盛んでしたが、時代の流れにより洋装が流行り、主力製品を学生服へと転換しました。その結果、現在では全国の学生服の約70%が児島エリアで作られており、さまざまなメーカーがしのぎを削っています。

さらに、ジーンズも主要な産業製品として販売されています。実は、児島エリアは国産ジーンズの発祥の地であり、海外の大手メーカーから個人工房まで、さまざまなところで取り扱っています。

児島エリアの地価平均は約4万円、地価が最も高額な地域は約7万7,000円の児島駅周辺です。ただ、各産業が発展する一方で、児島エリアの全地域で地価は下落傾向にあります。ある程度発展が落ち着き安定したこと、倉敷市や香川県高松市などへも通勤が可能なことから、移り住むなどの土地需要が減り地価も下落していると考えられます。

岡山県 倉敷市 児島 ジーンズストリート

2-1-4.水島

倉敷市の4大エリアの一つに数えられる水島エリア。このエリアは、戦中から重工業の工場が多く建てられており、現在では水島臨海工業地帯が形成されています。そのため、水島エリアの経済では工業が大きなウエイトを占めており、各工場へ勤務する人が増えたことで、人口密度が非常に高くなっています。

また、工業と同じように、農業も非常に盛んに行われています。もともと水島エリアでは農業が主産業となっており、工業地域とそれに伴い宅地開発などで、工業地域の農地は減少しています。

しかし、工業地域から離れた郊外では、今でも農地が多く残っています。特に、レンコンやゴボウのような根菜類が盛んに行われており、ブランド化までされています。これは、工場が増えたことで郊外が問題化したことで、葉物野菜などの生産が難しくなったのかもしれません。

水島エリアの地価平均は約3万5,000円、最も地価が高額なのが約4万7,000円の常磐駅周辺です。常磐駅を過ぎると工業地域、住宅街へ突入することから、この駅周辺が大きく成長しており、地価にも影響を与えています。

2-2.地価の特徴

倉敷市の各エリアの特徴を見比べて見ると、倉敷エリアが経済の中心部として発展し、水島エリアでは工業が大きく成長しています。玉島エリアはその中間として発展し、児島エリアでは独自の経済成長を見せています。

それぞれのエリアで発展を遂げていますが、近代としての発展度は倉敷エリア、玉島エリアが一つ抜けています。そのため、この2つのエリアの地価がより高額化しており、特に倉敷エリアの地価には注意が必要です。

一方で、児島エリアや水島エリアでは、近代都市としての発展はあまり行われておらず、地価の下落が目立ちます。ただ、古くから発展し現在では都市開発や経済発展も安定しているという面もあるため、下落傾向はあるものの大きくは下がらないと考えられます。

また、倉敷市全体で見てみると、ここ5~6年間の地価は下落傾向にあります。しかし、岡山県内で3番目に高い地価であり、岡山県全体で地価の下落が見られます。倉敷市だけでなく岡山県への需要の低下が大きく関わっている可能性があります。

3.所得と富裕層

地価と同じく相続税額に大きな影響を与えるのが所得です。所得の場合はエリアごとではなく、倉敷市全体でのデータとなりますので、平均的な所得から富裕層が多いのかどうかを確かめていきましょう。

倉敷市の所得税の納税義務者数は約21万人、課税対象所得は約640億円です。一人あたりの課税対象所得は約300万円となります。倉敷市の平均所得は岡山市に続き、岡山県内で2番目に高額な所得です。

つまり、倉敷市で生活している人は高い所得を受け取っており、富裕層も多いことがわかります。これは、倉敷市内では全国的な知名度が伴うほどさまざまな産業が発展していることが影響していると考えられます。

また、地価と併せて考えてみると、地価の高い倉敷エリアでは、特に所得が高額化しているといえます。そして、倉敷市では昔から生活している人も多く、不動産の相続も比較的多く行われるでしょう。倉敷市は相続税額が高額化するポイントを、非常に満たしやすい地域ですので、しっかりとした相続税対策が必要です。

4.倉敷市の税理士事情

相続税対策で重要なのが、税金のスペシャリストである税理士へ依頼することです。では、倉敷市にはどれくらいの税理士が在籍しているのでしょうか?

倉敷市に在籍している税理士数は147名です。倉敷市全体の課税件数は495件であることから税理士が不足していることが分かります。また、税理士の事務所は発展する地域ほど増える傾向がありますので、倉敷エリアに在籍する税理士の割合が多いと考えられます。

倉敷市は面積が広いですが、各交通網が整っていることから各エリアへのアクセスが容易にできます。つまり、各エリアの税理士が不足していても、隣接するエリアの税理士へ依頼することで効果的な相続税対策が可能でしょう。

ただし、全体的に税理士が不足していますので、相続が重なってしまうと依頼するだけでも苦労する可能性があります。そのため、相続が始まる前から相続に強く、あなたが信頼できる税理士を探しておくことが重要です。より効果的な相続税対策を講じるためにも、リスクを想定した準備をいち早く始めましょう。

倉敷市の相続税に強い税理士

【参考】倉敷市内の相続関連機関一覧

倉敷市内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2017年11月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
倉敷税務署〒710-8648
岡山県倉敷市幸町2番37号
086-422-1201
玉島税務署〒713-8601
岡山県倉敷市玉島阿賀崎2丁目1番50号
086-522-3121
児島税務署〒711-8650
岡山県倉敷市児島小川5丁目1番66号
086-472-2630
備中県民局税務部〒710-8530
岡山県倉敷市羽島1083
086-434-7012
倉敷市役所〒710-8565
岡山県倉敷市西中新田640
086-426-3030(代表)
岡山 地方法務局
倉敷支局
〒710-8520
岡山県倉敷市幸町3-46
086-422-1260(代表)
倉敷公証役場〒710-0824
岡山県倉敷市白楽町249番地5
倉敷商工会館4階
086-422-4057
岡山家庭裁判所
倉敷支部
〒710-0051
岡山県倉敷市幸町3-33
086-422-1038(庶務課)
岡山県司法書士会〒700-0023
岡山市北区駅前町二丁目2番12号
086-224-2334
岡山弁護士会館〒700-0807
岡山市北区南方1-8-29
086-223-4401

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!