タンス預金で住宅を購入しても大丈夫?

タンス預金をしている人は、かなり多いと思いますが、そのタンス預金で住宅を購入しても大丈夫なのでしょうか?

1.タンス預金で住宅購入しても大丈夫?

結論からいうと、タンス預金をすることも、タンス預金で住宅を購入することも、特に問題ありません。

不動産業界の慣習なのか、手付金の支払いは、現金の場合が多いので、何百万円、何千万円の現金を持ち込んでも、特に違和感はありません。ですが、そのタンス預金の、元が何なのかが問題になります。

まず、自己資金でのタンス預金は、まったく問題ありません。銀行から借入をしての、タンス預金も問題ありません。ただ、通常は、借りたお金をタンスに入れませんけどね。

所得隠しと贈与のタンス預金が問題になりうる

問題になりそうなのが、まず、贈与されたときのタンス預金です。贈与税申告をしていれば大丈夫ですが、申告していないと、ペナルティを課されます。

また、個人事業主が所得を得て、タンス預金にした場合です。確定申告をしていれば大丈夫ですが、申告していないと、所得隠しとしてペナルティを課されます。

タンス預金の贈与税

タンス預金 住宅購入

贈与税についてですが、贈与税には基礎控除というものがあり、110万円です。タンス預金にかかわらず、どんな財産であっても、1年間にもらった金額の合計が基礎控除の110万円を超えていると、贈与税がかかります。でも、もらった金額が110万円以下であれば、贈与税はかかりません。申告も必要ありません。

110万円を超える贈与でも、贈与したことなんてわからないから、申告しなくてもバレなくない?と思うかもしれませんが、残念ながらそう簡単にはいきません。

2.お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね

タンス預金 住宅購入

住宅などの不動産を購入すると、必ず法務局で不動産登記をします。すると、法務局は、市町村の税務課などに対して、「異動調書(登記済み通知書)」という書類を送付します。そして、市区町村の税務課は、税務署に通知します。

税務署は、誰がいつ不動産を購入したか把握しますが、お金の出どころまでは、この時点ではわかりませんので、購入した人に対して、「お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね」という質問書類を送付します(下図)。

国税庁 お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね

年齢・住所・職業・所得・売主の住所氏名・購入価格・登記費用・仲介手数料などを記入する欄があります。

そして、重要なのは、支払金額の調達方法という欄で、「預貯金から」「借入金から」「資産の売却代金から」「贈与を受けた資金から」「その他」からというように、資金の調達元を細かく記入するようになっています。

送付されるのは、土地や家を購入したとき、家を建てたとき、比較的規模の大きな増改築をしたときです。これらのあと、半年後くらいに送付されます。

必ず送付されるというわけではありませんが、金額が大きいと送付されやすいようです。ちなみに、ある人が、6000万円くらいの家を購入したときは、特に送付されてこなかったそうです。

税務署の確認ポイント

税務署が知りたいことは、過去の所得を隠していないか、そして、親族などから資金の援助を受けていないかということです。

過去の所得については、税務署は、その人の年収や年齢、過去の所得税の申告状況と自己資金のバランスをチェックしています。毎年の確定申告で年収300万円の人が、6000万円の住宅を、借入もなしに現金で購入したら、所得を隠しているのではないかと疑われるわけです。

親族などからの資金の援助については、贈与を受けたのであれば、贈与税申告はされているかチェックします。もし申告されていなければ、税務調査をしたうえで、追徴課税となります。

この書類は、返送する義務はありませんが、正直に回答して返送したほうが良いでしょう。あとで疑われて、税務調査になるほうがもっと大変です。

3.タンス預金の贈与の注意点

タンス預金自体は問題ないのですが、タンス預金の贈与には注意点があります。

たとえば、親のタンス預金から、5年間、毎年100万円づつ贈与して、子供のタンス預金に入れたとします。基礎控除額110万円以下ですので、贈与税はかかりません。

一括贈与と疑われる

しかし、税務署は「500万円を一気に贈与したのでは?」と疑うのです。もし、500万円の贈与ということになると、親から18歳以上の子供への特例税率で、48.5万円の贈与税がかかります。追徴課税されれば、さらに、延滞税と無申告加算税もかかります。タンス預金だと、毎年100万円づつ贈与したという証拠がありませんので、下手をすると税務署の主張が認められてしまいます。

そこで対策ですが、毎年の贈与のたびに、贈与契約書を作成して、お互いに署名・捺印して保管しておきます。こうすれば、税務署から指摘されても、毎年少しずつ贈与したことを証明できます。または、タンス預金ではなく、銀行口座から振込をすれば、通帳の記録に残ります。

新札発行で使いづらく

あと、2024年に新紙幣が発行される予定です。今の1万円札は福沢諭吉ですが、渋沢栄一に代わります。タンス預金をしていると旧紙幣のままです。取引の場所に旧紙幣を大量に持ち込むと、目立ってしまいますので、使いづらくなるかもしれません。

山野めぐみ
執筆
山野 めぐみ(やまの めぐみ)
山野家の長女、2人の子供がいる明るく元気な主婦。年齢は30代くらい、昭和生まれ。新宿区に在住。
弟が家を出ていったので、将来、めぐみが家を継ぐことになっていて、相続にはとても関心が高い。
誰とでも仲良くなれるので、街の税理士の先生をはじめ、いろいろな人から情報を仕入れている。
計算は得意ではないので、夫の「たけお」に助けてもらっている。
この執筆者の記事一覧
この記事が役に立ったらシェアしてください!