生前贈与 AIシミュレーション

生前贈与(暦年贈与)でいくら贈与すれば、贈与税と将来の相続税の合計が最も低くなるかを、AIが自動計算するツールです。

「1.法定相続人の情報」と「2.相続財産の情報と贈与対象者の情報」を入力し、最後に「計算」ボタンを押してください。相続税対策シミュレーションの利用方法はコチラ

1.法定相続人の情報
配偶者の有無
他の法定相続人
他の法定相続人の人数
2.相続財産の情報と贈与対象者の情報
財産総額
万円
贈与対象の人数
(18歳未満)
贈与対象の人数
(18歳以上)
暦年贈与の年数
1人当たり暦年贈与の金額
万円

生前贈与シミュレーションの利用方法

法定相続人の情報

「配偶者の有無」を選択してください。

配偶者以外に法定相続人(子、両親、兄弟姉妹)がいる場合は、「他の法定相続人」を選択してください。
他の法定相続人がいる場合は「法定相続人の人数」を入力してください。
他の法定相続人の人数には、配偶者を含みません。

相続財産の情報

「財産総額」の欄に、万円単位で金額を入力してください。
すべての相続財産の合計額から、債務と葬式費用を引いた金額を入力します。

贈与対象者の情報

贈与対象の人数を選択してください。
特例贈与(18歳以上の子・孫等への贈与)と一般贈与(18歳未満の子・孫等への贈与)で、贈与税が税率が異なりますので、18歳以上と18歳未満で人数を分けて選択してください。

暦年贈与の年数を入力してください。年数が短すぎるか、または長すぎる場合は、意味のある計算結果にならないことがあります。

1年あたりの暦年贈与の金額を入力してください。「贈与の金額をAIで自動計算」にチェックを入れると、最適な贈与金額をAIが自動計算します。財産総額が大きい場合は、計算にやや時間がかかる場合があります。

計算

必ず「計算する」ボタンを押してください

計算結果の内容

贈与税額、相続税額、および、その合計税額を表示します。

「贈与税額」は、すべての受贈者の贈与税の合計です。
「相続税額」は、配偶者の税額軽減(配偶者控除)を適用した後の、すべての相続人の相続税の合計です。
「合計税額」は、相続税と贈与税の合計です。

「贈与の金額をAIで自動計算」にチェックを入れた場合は、最適な1人当たり暦年贈与の額を表示します。
また、暦年贈与の金額を変化させたときの、合計税額のグラフを表示します。

それぞれの金額は、計算の途中では1円単位で計算していますが、結果表示では、万円単位にて小数点以下を四捨五入しています。

※ 注意事項
2022年4月1日時点の税率に基づいて計算しています。税率は変更されることがあります。
各法定相続人が法定相続分で相続するものとして計算しています。配偶者の税額軽減以外の税額控除や2割加算等は除外しています。
本シミュレーションは、個人的に概算金額を求めるための用途にご利用ください。実際の税額と異なる場合もございます。
本シミュレーションを利用して、不利益や損害等が発生したとしても、当社は一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
申告の際には、必ず別の計算機を利用するか、税理士にご依頼ください。

生前贈与シミュレーション結果の解説

相続税の対象外となった場合

財産総額が、相続税の基礎控除額より低い場合には、相続税が発生せず、納税手続きも申告手続きも不要です。その場合は、相続税対策は必要ありませんので、贈与税の計算は行いません。

関連記事
相続税 基礎控除
相続税の基本 基礎控除について知る
この記事では、相続税の「基礎控除」について解説していきます。全員が必ず受けることができる基礎控除がどのように定められ…[続きを読む]

最適な暦年贈与の額が110万円となった場合

相続財産があまり多くない場合は、贈与税がかからない非課税の範囲の上限(110万円)で贈与することが、最適となります。

配偶者の税額軽減(配偶者控除)について

配偶者の相続税に関しては、1.6億円、または法定相続分の、どちらか高いほうまでは課税されません。
ただし、相続税申告の手続きは必要です。

関連記事
配偶者控除とは?相続税を1.6億まで非課税にする計算方法と注意点
相続税の配偶者控除を利用すれば、配偶者の相続税が相続財産1億6000万円まで無税になります。とても強力な優遇措置です…[続きを読む]

暦年贈与について

暦年贈与により、相続財産を減らして、将来の相続税を減らすことができますが、いくつか注意点があります。間違った方法で行うと、すべての贈与を税務署から否認され、相続税を課されるおそれもあります。

関連記事
暦年贈与のメリットと注意点:契約書作成と贈与税申告がポイント
贈与に対する課税方法には、「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」があります。暦年贈与には、相続財産を減らし相続税額を抑…[続きを読む]

税理士に相談して、もっと節税しよう!

計算結果はあくまで、簡易に計算したものです。暦年贈与以外にも、様々な節税対策の方法があります。

相続対策や相続税申告に精通している税理士に相談することで、他の相続対策も組み合わせて、今の計算結果よりもっと節税することが出来るかもしません。

相続税対策は生前の対策が非常に重要です。計算結果が気になる方は、ぜひ一度、相続税に強い税理士に相談し、もっとも適した相続税対策を提案してもらいましょう!

相続税対策を提案してくれる税理士を探す