子供・孫への住宅取得資金の贈与が1200万円まで非課税に

★ お気に入りに追加
住宅取得等資金贈与

住宅を建てる際に、贈与時の課税についての悩みをお持ちの方も多いと思います。

住宅取得等資金贈与の非課税制度を使えば、非課税で子や孫に住宅資金を渡すことができます。住宅資金をあげて子や孫に喜ばれ、また、相続財産も圧縮できて相続対策にもなります。

今回は、贈与税の非課税制度の一つである「住宅取得等資金贈与の非課税制度」について説明します。
また、その他の贈与税の非課税制度についてもご紹介します。

1.住宅取得等資金贈与の非課税制度とは

1-1. 住宅取得等資金贈与の非課税制度ってなに?

子や孫に住宅用の家屋の新築、取得または増改築等のための金銭を贈与する場合、一定の要件を満たす時は、非課税限度額まで、贈与税が非課税となる制度です。

1-2. 住宅取得等資金贈与の非課税限度額は?

非課税限度額は、次の通りです。
新築等をする住宅用の家屋の種類ごとに、契約の締結日に応じた金額となります。

消費税等の税率10%で取得していない場合

契約の締結日省エネ等住宅(※)の
非課税限度額
左記以外の住宅の
非課税限度額
~平成27年12月31日1,500万円1,000万円
平成28年1月1日~令和2年3月31日1,200万円700万円

消費税等の税率10%で取得した場合

契約の締結日省エネ等住宅(※)の
非課税限度額
左記以外の住宅の
非課税限度額
平成31年4月1日~令和2年3月31日3,000万円2,500万円
令和2年4月1日~令和3年3月31日1,500万円1,000万円
令和3年4月1日~令和3年12月31日1,200万円700万円

※「省エネ等住宅」とは、省エネ等基準に適合することが証明されている住宅用の家屋のことです。

2.制度の要件は?

2-1. 期間

この制度を利用できるのは、令和3年12月31日までです。

2-2.贈与者(あげる人)の要件

贈与者は受贈者の父母や祖父母などの直系尊属に限られます。贈与者である父母や祖父母に年齢等の制限はありません。
あくまで受贈者の父母や祖父母なので、配偶者の父母や祖父母からの贈与はこの制度は利用できません。

2-3.受贈者(もらう人)の要件

受贈者には以下のような要件があります。

年齢

贈与を受けた年の1月1日時点で20歳以上である必要があります。贈与を受けたときが20歳以上ではありません。
1月1日生まれ以外で、贈与を受けた年に満20歳となるという人は、この制度を利用できないため注意が必要です。

所得

贈与を受けた年の所得が2,000万円以下でなければなりません。この基準は所得であり、収入(年収)ではないので注意してください。

サラリーマンで収入が給料収入だけの場合は、年収2,220万円以下(平成29年時点の法令による)なら利用できます。
個人事業主の場合は収入から費用を差し引いた利益(青色申告特別控除がある場合は控除後)が所得です。

土地の売却といった譲渡所得などがあると計算が複雑となるため、この制度が利用できるかどうか不安な場合は税理士などの専門家に相談したほうが良いでしょう。

旧制度の利用がない

平成21年から平成26年までの贈与税の申告で旧非課税制度(住宅取得等資金の非課税制度)の適用を受けていないことが要件です。

※贈与者が贈与を受けたときに日本国籍を所有し、かつ日本に住所があれば問題ありませんが、海外に住所があったり、日本国籍でない場合はその他にも要件があるため注意が必要です。

住宅資金贈与

2-4. 住宅

住宅の取得または増改築等とともに、その土地等の取得も含みます。
また、対象となる住宅用の家屋は日本国内にあるものに限られます。

この制度の対象となる住宅の主な要件は、次の通りです。

新築または取得の場合

  1. 住宅用の家屋の登記簿上の床面積(マンションなどの区分所有建物の場合はその専有部分の床面積)が50㎡以上240㎡で、かつ、その家屋の床面積の2分の1以上が受贈者の居住の用に供されるものであること
  2. 住宅が次のいずれかに該当すること
  • ㋐建築後使用されたことのない住宅用の家屋
  • ㋑建築後使用されたことのある住宅用の家屋で、その取得の日以前20年以内(耐火建築物の場合は25年以内)に建築されたもの
  • ㋒建築後使用されたことのある住宅用の家屋で、地震に対する安全性に係る基準に適合するものであることが、一定の書類により証明されたもの
  • ㋓上記㋑㋒のいずれにも該当しない場合は、一定の条件のもと、耐震改修を行い、贈与を受けた翌年3月15日までに耐震基準に適合することが一定の証明書等により証明されたもの

増改築等の場合

  1. 増改築等後の住宅用の家屋の登記簿上の床面積(マンションなどの区分所有建物の場合はその専有部分の床面積)が50㎡以上240㎡以下で、かつ、その家屋の床面積の2分の1以上が受贈者の居住の用に供されるものであること
  2. 増改築等に係る工事が、自己が所有し、かつ居住している家屋に対して行われたもので、一定の工事に該当することについて、「確認済証の写し」、「検査済証の写し」または「増改築等工事証明書」などの書類により証明されたものであること
  3. 増改築等に係る工事に要した費用の額が100万円以上であること
    また、増改築等の工事に要した費用の額の2分の1以上が、自己の居住の用に供される部分の工事に要したものであること

3.住宅取得等資金贈与の非課税制度の手続き

3-1. 手続きは?

非課税の適用を受けるためには、

  1. 贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に、
  2. 非課税の適用を受ける旨を記載した贈与税の申告書に、一定の書類を添付して、
  3. 納税地の所轄税務署に提出する

必要があります。

3-2. 必要書類は?

贈与税の申告書に必要な主な必要書類は、次のものがあります。

贈与税の申告書

  • 贈与税の申告書第一表
  • 贈与税の申告書第一表の二(住宅取得等資金の非課税の計算明細書)

添付書類

  • 戸籍謄本
  • 贈与の年の所得金額が分かる書類
  • 登記事項証明書
  • 新築や取得の契約書の写しなど
  • 省エネ等住宅に該当する場合は、住宅性能証明書など、それを証明する書類

※マイナンバーを記載した申告書等を提出する際には、マイナンバーカード等の本人確認書類の提示または写しの添付が必要になります。

贈与税の申告方法については、以下のサイトを参照してください。

【参照】贈与税の申告|国税庁

4.贈与税の申告が必要

この制度を利用するためには、翌年の2月1日から3月15日までに贈与税の申告をする必要があります。
納める贈与税がなかったとしても申告の必要があるので注意しましょう。申告書のほかに必ず次の添付書類が必要です。

  • 受贈者の戸籍謄本と住民票の写し
  • 住宅の登記事項証明書
  • 新築や取得の契約書
  • 源泉徴収票などその年の所得金額がわかる書類

上記以外については、取得する住宅が新築なのか中古なのか、または今の住宅の増改築なのかなどにより必要書類が異なります。申告期限をすぎるとこの制度の適用ができなくなるので、どの書類が必要か不明な場合は、出来るだけ早く税理士などの専門家や税務署に相談しましょう。

関連記事
贈与税申告書-1
[図説]暦年課税制度の贈与税申告書の書き方
自分以外の人から財産を譲り受け、贈与税の申告が必要となった場合には、期限内に所轄税務署へ贈与税申告書を提出しなければ…[続きを読む]

5.贈与税の他制度との併用

贈与には、次の2つの方法があります。

  • 暦年贈与
  • 相続時精算課税

5-1.暦年贈与

年間(1月1日から12月31日)の贈与額の合計で贈与税を支払う贈与の方法です。ただし、暦年贈与には基礎控除額が110万円あり、110万円以下であれば贈与税がかかりません。

関連記事
暦年贈与のメリットと注意点:契約書作成と贈与税申告がポイント
贈与に対する課税方法には、「暦年贈与」と「相続時精算課税制度」があります。暦年贈与には、相続財産を減らし相続税額を抑…[続きを読む]

5-2.相続時精算課税

贈与された財産を、相続時に加算して相続税を計算し、相続時に税金を清算する制度です。非課税になる制度ではなくて、相続時まで税金の納付が猶予されて、相続時に清算します。

相続時精算課税を選択した場合、贈与時には、2,500万円までの贈与について税金の納付が猶予され、2,500万円を超える部分に20%の贈与税が課されます。
その後、贈与者が亡くなった際に、その贈与財産(贈与時の評価額)を相続税に加算して相続税を計算し、贈与時に支払った贈与税と相殺します。

関連記事
祖父と孫
相続時精算課税制度の改正で孫にも適用可能に
1.相続時精算課税制度の概要 相続税を節約するためには様々な方法がありますが、相続時精算課税もうまく活用すれば相続税…[続きを読む]

5-3.併用時の要件

相続時精算課税制度および住宅取得等資金の非課税制度にはそれぞれの要件がありますが、併用する際には、両方の要件をほぼ合わせたような形になります。

本来の要件とは一部異なる部分が出てきますので、その部分は、「住宅取得等資金贈与に係る相続時精算課税制度の特例」として、特例となっています。

精算課税制度および住宅取得等資金の非課税制度のもともとの要件とは異なる部分だけ列挙しておきます。

贈与者の年齢

相続時精算課税制度では、贈与者の年齢の条件は、1月1日時点で満60歳以上ですが、住宅取得等資金の非課税制度と併用すると60歳未満でも適用可能になります。

そして、一度、相続時精算課税制度を適用すれば、その後の贈与についても年齢に関係なくすべて相続時精算課税制度が適用されます。

受贈者の所得金額

住宅取得等資金の非課税制度では、その年の受贈者の所得金額が2000万円以下という条件がありますが、相続時精算課税制度と併用した場合は、所得に関する条件はありません

住宅の面積

住宅取得等資金の非課税制度では、対象の住宅の登記簿上の床面積が50㎡以上240㎡以下という条件がありますが、相続時精算課税制度と併用した場合は、50㎡以上という条件だけであり、上限の条件はありません

 相続時精算課税制度住宅取得等資金の非課税制度併用
贈与者の年齢1月1日時点で満60歳以上条件なし条件なし
受贈者の所得金額条件なし2000万円以下条件なし
住宅の面積条件なし登記簿上の床面積が
50㎡以上240㎡以下
登記簿上の床面積が
50㎡以上

5-4.併用の具体例

上記の暦年贈与と相続時精算課税は、どちらか片方しか選べません。今回のテーマの住宅取得等資金贈与の非課税制度と、暦年贈与の基礎控除(110万円)や相続時精算課税制度は併用できます。

以下のケースを想定して、具体例を見ていきます。

【事例】

  • 住宅取得等資金贈与の非課税限度額が3,000万円
  • 実際の贈与が6,000万円

暦年贈与の場合

上記のケースで、暦年課税を利用した場合の贈与税の額は、以下の通りです。

暦年課税額
実際の贈与額6,000万円 - 非課税限度額3,000万円 = 3,000万円

贈与税の課税価格
暦年課税額3,000万円 - 基礎控除110万円 = 2,890万円

贈与税額
贈与税の課税価格2,890万円 × 税率45%- 控除額265万円 = 1,035.5万円

暦年課税の場合は、贈与税額が1,035.5万円となります。

相続時精算課税の場合

一方、先程のケースを相続時精算課税を利用すると、次の通りとなります。

相続税精算課税の対象額
実際の贈与額6,000-非課税限度額3,000万円 = 3,000万円
 2500万円まで納税を猶予
贈与税額
500万円 × 贈与税率20% =100万円

この贈与税額100万円に、贈与者が亡くなった際に、相続時精算課税の対象の3,000万円を相続財産に加算して相続税を計算し、支払い済みの贈与税と相殺します。

今回のケースで、仮に相続財産が1億円で、配偶者と子2人がいる場合、相続税額は568万円になります。

以上より、相続財産がどの程度かにもよりますが、贈与額が大きいと、贈与税が相続税より大きくなりますので、通常は暦年贈与より相続時清算制度を利用したほうが節税につながります。

6.その他の非課税制度

ここでは、贈与に関して、住宅取得等資金贈与の非課税制度以外の非課税制度についてご紹介します。

6-1. 贈与税の配偶者控除制度

配偶者への贈与に関して、居住用不動産あるいは居住用不動産を買うためのお金のいずれかを配偶者に贈与した場合、一定条件を満たせば、2,000万円までの贈与が非課税となる制度です。

関連記事
老人 夫婦 老夫婦
贈与税の配偶者控除で2000万円まで非課税に
1.贈与税の配偶者控除とは? 贈与があった場合には基礎控除110万円を差し引いた残額について贈与税が課されます。 こ…[続きを読む]

6-2. 教育資金に係る贈与制度

贈与されたお金を教育目的に利用することを条件に、一定の条件を満たせば、原則として1,500万円までの贈与が非課税となる制度です。

関連記事
教育資金一括贈与
子供・孫への教育資金贈与が1500万円まで非課税に
教育資金の一括贈与は贈与税が非課税になることをご存知でしょうか。しかし、一括で贈与する場合も、都度贈与する場合もそれ…[続きを読む]

5-3. 結婚・子育て資金に係る贈与制度

贈与された財産を結婚・子育てに利用することを条件に、一定の条件を満たせば、原則として1,000万円までの贈与が非課税となる制度です。

関連記事
結婚
結婚・子育て資金の贈与税非課税制度を利用しよう
結婚や子育ての資金に苦労している方も少なくないと思います。そのような方々に、「結婚・子育て資金贈与の非課税制度」が新…[続きを読む]

7.まとめ

今回は、住宅取得等資金贈与の非課税制度について見てきました。この制度は、一定金額まで贈与税が免除される制度ですので、使わない手はありません。

また、この制度以外にも、贈与税の非課税制度はいくつかあります。資産継承(相続)対策の一環で、これら贈与の非課税制度を活用する事をお勧めします。

なお、より詳細をお知りになりたい方や、また、実際に制度を利用する予定の方は、最寄りの税務署や贈与税や相続税の詳しい税理士に相談することをお勧めします。



相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

子供・孫への教育資金贈与が1500万円まで非課税に »
この記事が役に立ったらシェアしてください!