木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
海ほたる

千葉県の南部に位置する、木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の4つの市。東京湾に面したこれらの地域には、どのような相続の特徴があるのでしょうか?

1.木更津エリア相続事情

木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の4つの地域は、全て木更津税務署の管轄となっており、これら全ての地域を合算したデータです。 木更津エリアの相続税の申告件数は226件、実際に課税されたのが184です。課税割合は5.25%、1件あたりの納付税額は約1,300万円となっています。

千葉県全体での平均は、課税割合は8.29%、1件あたりの納付税額は約1,500万円となっており、木更津エリアの相続はどちらも平均以下の数字であることがわかります。 そのため、木更津エリアでは相続税が課されにくく、限られた方が高額な相続税を収めている地域だと考えられます。

多くの人には関係ないように見える木更津エリアの相続ですが、本当に安心してもよいのか2つの観点から確かめていきましょう。

2.木更津エリア地価事情

相続税の税額に係る1つ目のポイントである地価。それぞれの地域の特徴や地価の動向から、地価事情を探っていきましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.木更津市

千葉県の中西部に位置し、エリアの代表名にもなっている木更津市。ドラマなどでも度々登場するため、全国的な知名度も高い地域です。重要港湾に指定された木更津港は工業港として発展しており、その影響から木更津市は工業都市として発展を続けてきました。

また、木更津港が南房総の物流拠点としても活用されていたことから、木更津市は商業の中心都市として発展しました。ですが、バブル崩壊による影響により、商店や人口の減少など大きなダメージを受けてしまった地域です。

木更津市全体の地価平均は約3万5,000円、最も高額な地域は約5万円の木更津駅周辺の地域となっています。この地域は木更津市の玄関口として、古くから大きく発展し人気を集めたエリアで、今なお市の中心エリアとして栄えています。

ただ、バブル崩壊による影響や東京湾アクアライン連絡道の整備によって、だんだんと駅前よりもアクアライン沿いや郊外の地域が活性化しています。将来的には地価の逆転も考えられるため、今は地価が平均的な地域でも油断はできない状況です。

2-1-2.君津市

千葉県の南部に位置し、東京ドーム220個分という広大な面積を誇る新日鐵住金君津製鐵所があることでも知られている君津市。新日鐵住金君津製鐵所の操業に伴い重工業が市の経済の中心となり、関係者による転入が増え人口が急増しました。

しかし、君津市もバブル崩壊の影響を大きく受けてしまい、人口増加も止まり、現在では徐々に減少傾向にあります。また、君津市は千葉県で2番目に面積の広い市ですが、東京湾周辺は重工業地域となっており、市街地はやや内陸部の君津駅周辺が中心となっています。

君津市全体の地価平均は約3万4,000円となっており、君津駅周辺の地価が高額化しています。ただ、内陸になるほど地価は低くなっていき、半値以下になっている地域もあります。

しかし、君津市の地価は横ばいはあれど、ほぼ全域で上昇しています。 これは、東京湾アクアライン連絡道が開通したことで高速バス網が整備され、東京駅や羽田空港へのアクセスが非常に改善されたためです。交通の利便性が高まったことで、君津市も通勤圏に入り今後は新しいベッドタウンとしての発展も期待されています。

2-1-3.富津市

千葉県の南部に位置し、飛び出た形が特徴的な富津市。市の多くが東京湾に面していることから、海風が気持ちの良いレジャースポットとしても人気を集めています。富津岬には、首都防衛のために作られた人口島「海堡(かいほう)」あり、この周辺は好漁場となっています。 そのため、富津市では現在でも漁業が市の経済を担っており、海の幸をふんだんに利用した海堡丼も人気のグルメです。また、バカガイの産地としても有名で、総じて漁業の街という印象のある市です。

富津市全体の地価は約2万円と、そこまで高額ではありません。この背景には、漁業が発展しているものの、それ以外の経済活動が発展しておらず、企業からの需要が少ないことが考えられます。

また、市の大半が住宅地として活用されている反面、1985年をピークに人口減少が見られることから、宅地の需要も減っていることも影響しているのかもしれません。加えて、各地の地価は横ばい、あるいは減少しており、いきなり高騰する可能性は低いといえるでしょう。

東京湾観音

2-1-4.袖ケ浦市

千葉県のほぼ中央に位置し、県内3番目の財政の豊かさを誇る袖ケ浦市。以前は海苔の養殖が盛んに行われていましたが、埋め立てをきっかけに徐々に規模が小さくなり、現在では工業が市の重要な産業となっています。

また、袖ケ浦市は木更津市に隣接しており、東京湾アクアライン連絡道の開通によってベッドタウンとして注目され始めました。その結果、人口の増加より進み、現在でも人口は増え続けています。

袖ケ浦市全体の地価平均は約4万円、最も地価が高額なのは約4万4,000円の袖ケ浦駅周辺です。この地域は市役所などが建設されている中心地であり、かつアクアラインから最も近い地域です。

つまり、もともと中心地域だったことに加えて、アクアラインからのアクセスの良さから、地価が高額化したのです。さらに、袖ケ浦市全体で地価が横ばい、または上昇傾向を見せているため、今後も地価の上昇が予想されている地域でもあります。

2-2.木更津エリアの地価の特徴

木更津エリアで共通する点として、工業が主の産業になっていること、バブル崩壊の影響を大きく受けたことが挙げられます。特に、大型工業地帯を形成している地域は工場で働く人が大半であったため、不景気による影響で仕事がなくなったことが地域の人口減にもつながってしまいました。

その後も、人口減少が続いていますが、東京湾アクアライン連絡道の開通によって、工業地に加えてベッドタウンという、新たな魅力が追加されました。その結果、アクアラインの玄関口となる木更津市や袖ケ浦市、君津市などでは徐々に人口が増え始めています。

一方で、富津市や今まで中心となっていた地域がアクアラインの影響を受けられず、他の地域よりも地価が低くなる可能性があります。ただ、決して偏狭な土地ではありませんので、他の地域の地下が上がれば、地価が上昇していない地域に目が向けられるため、地価の上昇に繋がります。

このように、木更津エリアはバブル崩壊の影響により、現在もまだまだ発展中の地域です。今後さまざまな開発などによって地価が急上昇する危険性もありますが、今はまだ安心していても問題ないかもしれません。

3.所得と富裕層

相続税を決定するもう1つの重大なポイントは所得です。所得が高額になるほど、相続する財産が増え相続税額も増えていきます。それでは、木更津エリアの所得の状況から富裕層の動向などを見ていきましょう。

自治体名納税義務者数課税対象所得1人あたりの課税対象所得
木更津市約6万1,000人約2,000億円約320万円
君津市約4万人約1,200億円約300万円
富津市約2万人約560億円約280万円
袖ケ浦市約2万8,000人約8,800億円約310万円

木更津エリアの各市の所得状況は上記のようになっており、木更津市、袖ケ浦市の所得が高額になっています。この2つのエリアは、工業がしっかり発展していることや、すでにベッドタウンとしての整備が進み機能しています。 そのため、高所得者が集まりやすく富裕層が多い地域だと考えられます。

ただ、まだベッドタウンとしての発展が進んでいない君津市や富津市は所得が低くなっています。地価と合わせて考えると、木更津エリアの相続の中心地は木更津市、袖ケ浦市であり、これらの地域では特に税理士による節税対策が必要な、油断できない地域です。

4.木更津エリア税理士事情

地域によって高額な相続税が課される可能性がある木更津エリア。しかし、古くから住んでいる方も多く、持ち家率も比較的高いことから、どの地域でも相続税対策をしておくことが大切です。それでは、木更津エリアの税理士事情を最後に確かめていきましょう。

自治体名在籍税理士数
木更津市62名
君津市12名
富津市6名
袖ケ浦市13名

木更津エリアの各市の在籍税理士数は上記のようになっており、合計すると93名の税理士がエリア内に在籍しています。木更津エリアの課税件数は184件であることから、木更津エリアの在籍税理士は不足していることがわかります。 そして、気になるのは袖ケ浦市の在籍税理士数の少なさです。

木更津市と隣接しているため、木更津市に税理士が集中していることが考えられます。しかし、袖ケ浦市は相続税が課税されやすい2つのポイントを満たしているため、状況によっては税理士に依頼できない可能性があります。

そこで、他の地域でも相続が始まる前から税理士を訪ねて、相談しておくのがおすすめです。葬儀や行事、家族での遺産分配など、相続が開始すると準備することが多く慌ただしくなります。あらかじめ税理士の力を借りて生前からできる節税対策から始めておき、効率的に遺産を守りましょう。

木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市の相続税に強い税理士

【参考】木更津エリア内の相続関連機関一覧

木更津エリア内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました。(2017年11月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
木更津税務署〒292-8550
千葉県木更津市富士見2丁目7番18号
0438-23-6161(代表)
木更津県税事務所〒292-8525
千葉県木更津市貝渕3-13-34
君津合同庁舎1階
0438-25-1110
木更津市役所
駅前庁舎
〒292-8501
千葉県木更津市富士見一丁目2番1号
0438-23-7111(代表)
木更津市役所
朝日庁舎
〒292-8501
千葉県木更津市朝日三丁目10番19号
0438-23-7111(代表)
君津市役所〒299-1192
千葉県君津市久保2丁目13番1号
0439-56-1581(代表)
富津市役所〒293-8506
千葉県富津市下飯野2443
0439-80-1222(代表)
袖ケ浦市役所〒299-0292
千葉県袖ケ浦市坂戸市場1番地1
0438-62-2111(代表)
木更津公証役場〒292-0057
木更津市東中央3-5-2-102
第2三幸ビル1階
0438-22-2243(代表)
千葉地方法務局
木更津支局
〒292-0057
千葉県木更津市東中央3丁目1番7号
0438-22-2531(代表)
千葉家庭裁判所
木更津支局
〒292-0832
千葉県木更津市新田2-5-1
0438-22-3774(代表)
千葉県税理士会
木更津支部
〒292-0838
千葉県木更津市潮浜1-17-59
木更津商工会館4階
0438-37-9000
千葉司法書士会館〒261-0001
千葉県千葉市美浜区幸町2丁目2番1号
043-246-2666
袖ヶ浦法律相談センター〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台3-1-3
袖ヶ浦商工会館
043-227-8954(代表)
千葉県弁護士会館〒260-0013
千葉県千葉市中央区4丁目13版9号
043-227-8431(代表)

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!