川越エリアの相続と税理士事情

★ お気に入りに追加
埼玉県 川越の時の鐘

埼玉県の南西部に位置する、川越市、富士見市、坂戸市、鶴ケ島市、日高市、ふじみ野市の6つの市。さいたま市にも近いこれらの地域には、どのような相続の特徴があるのでしょうか?

1.川越エリアの相続事情

川越市、富士見市、坂戸市、鶴ケ島市、日高市、ふじみ野市は全て川越税務署の管轄で、これらの市全てが統合したデータとなっています。

川越エリアの相続税の申告件数は1,039件、実際に課税されたのが777件です。相続1件あたりの納付税額は約1,800万円、課税割合が10.30%ととなっています。埼玉県の平均的なデータでは、1件あたりの納付税額は約2,000万円、課税割合は9.89%です。

比較してみると、1件あたりの納付税額は平均よりもやや下回っており、課税割合はやや上回っています。そのため、川越エリアの相続の特徴としては、平均的な税額の相続税が発生しやすい地域であるといえるでしょう。

2.地価事情地価

相続税額を決める二大要因の1つである地価。地価の動向から相続税が発生しやすい地域を探っていきましょう。

2-1.代表的な地域と地価

2-1-1.川越市

さいたま市と隣接しており、エリアの代表ともいえる川越市。役35万人という県内3位の人口を誇る市であることから、中核市や業務核都市といった、埼玉県内でも重要なポジションの位置となっています。

川越市の経済のメインとなっている産業は工業です。古くから積極的な工場誘致を行っており、それに伴った人口増を解消するために団地を積極的に建設してきました。その結果、埼玉県内最大級の工業都市として大きく発展しています。

また、農業も積極的に行われており、カブや枝豆、チンゲンサイなどは埼玉県内で1位の収穫量を誇っています。川越市の地価平均は約16万円、最も高額な地域は川越駅周辺の約25万円です。

川越駅は、東武鉄道とJR東日本、2つの路線の乗り入れ駅となっており、市の重要な拠点駅となっています。さらに、東口には商店街であるクレアモールなどが形成されており、商業地としても高い人気を集めています。

2-1-2.富士見市

さいたま市の西部にあり、昭和の大合併で誕生した富士見市。名前のように市内から富士山がハッキリ見えるのも特徴の1つです。隣接するさいたま市の中央部までが近く、東京都市分へも近いことから、ベッドタウンとしての機能が高い市です。

市内の大半は住宅地として利用されており、大型の商業施設などはあまり見かけません。また、川越市のような多くの工場もありませんので、市全体が落ち着いた住宅街となっています。

一方で、公園が多く建設されており、緑があふれる街並みとなっていることも魅力です。富士見市全体の地価平均は約22万円、最も高額な地域はふじみ野駅周辺の約25万円です。ふじみ野駅は、ちょうど富士見市とふじみ野市の市境にあたる地域です。

富士見市役所も近くに建設されていることもあって、富士見市の中心部として人気の地域となっています。そして、この地域の地価は2016年度と比較して30%以上の上昇が確認されているため、今後も地価の動向に注意が必要な地域です。

2-1-3.坂戸市

さいたま市からは少し離れた、埼玉県中部に位置する坂戸市。土地の起伏は激しくなく、大半が平坦な土地となっています。そのためか、市の大半が住宅地として活用されており、企業の拠点としては発展しにくい市かもしれません。

坂戸市からさいたま市までの距離と程度のところに位置するのが池袋です。経路によっては池袋の方が早く到着できることもあって、東京都心部のベッドタウンの機能も持ち合わせていると考えられます。

坂戸市全体の地価平均は約9万円、高額な地域は約11万円の坂戸駅周辺です。坂戸駅は東武鉄道の2路線が乗り入れる駅です。この駅からは渋谷駅まで乗り換え無しで行けることもあり、地価が高額化しているのです。

また、若葉駅周辺の地価も約12万円と高額になっています。若葉駅は隣接する鶴ヶ島市との市境にある駅ですが、どちらの市民にも重要な駅となっていることから、地価も高くなっています。この2駅の周辺は、地価が高額化しやすいため、十分に注意しておきましょう。

2-1-4.鶴ケ島市

埼玉県の中部に位置し、坂戸市の南部と隣接している鶴ヶ島市。地形は、南西から北東に向かって、なだらかに下がっていますが、そこまで起伏は激しくありません。こうした地形にによる影響もあり、住宅地としても人気の地域です。

鶴ヶ島市は、元々田畑が大半を占めてしまいたが、著しい人口流入に伴って宅地開発が行われ、今のような住宅地が出来上がりました。現在でも宅地化や商業地化が行われており、発展を続けている地域です。

鶴ヶ島市全体の地価平均は約10万円で、最も高額な地域は坂戸市でも触れた若葉駅周辺の約12万円です。さらに、若葉駅からの沿線上にある中心駅の鶴ヶ島駅周辺も、約11万円と地価が高額な地域です。

鶴ヶ島駅は川越市との市境にあたる駅で、1日約3万人の市民に利用されています。特に、上り方面は横浜や渋谷などへのアクセス手段となることから、中心駅としての機能も十分に持っています。こうした機能の良さから、2つの駅周辺の地価が高騰していると考えられます。

2-1-5.日高市

埼玉県の南西部に位置し、彼岸花の名所でも知られている日高市。土地の起伏は平坦なところが多いですが、西部には外秩父山地の麓であるため、丘陵地となっています。日高市は外秩父山地の他にも日和田山など合わせて5つの山があり、ハイキングなどのレジャーが非常に人気を集めています。

市の大半は住宅地として利用されており、今でも宅地開発が行われています。また、市の産業として食品工場がいくつかありますが、経済活動が中心の町とはいえません。ただ、花の名所でもある高麗郷は、学校の遠足の行き先として人気が高いことから遠足の聖地と宣言しています。

広大な山々や豊かな自然が観光地となっており、観光業が盛んな側面も見せています。日高市全体の地価平均は約5万円、最も地価が高額な地域は約7万円の高麗川駅周辺となっています。高麗川駅は、JR東日本の八高線と川越線の乗り入れ駅となっています。

特に川越線はここが終着駅となっており、これを利用して八王子方面への八高線と合わせて直通運転が行われています。つまり、東京都心部までのアクセスが簡単なことから利用者が多く、玄関駅となっているため周囲の地価が上昇しているといえます。

日高市巾着田の彼岸花

2-1-6.ふじみ野市

埼玉県の南東部に位置し、東京都心部から30km圏内に位置するふじみ野市。上福岡市と大井町が合併し生まれた市です。もともとこれらの市は東京都に近いことから、団地が相次いで建設され、東京のベッドタウンとして発展してきました。

その後も住宅地として発展を続けていき、一時期は人口増加率が県内で最も高く、人口密度は全国一位となっていました。今でも人口は増えており、工場や研究所なども多く建設されていることから、経済活動も大きく発展しています。

ふじみ野市全体の地価平均は約19万円で、最も高額な地域はふじみ野駅周辺の約25万円です。富士見市との市境にあたるこの駅は、都心部への交通アクセスが良いことから、両市民が多く利用することで、地価が上昇しています。

さらに、ふじみ野市のもう一つの駅である上福岡駅周辺も約18万円と高額な地価となっています。特に、この2つの地域は今でも地価の上昇が見られているため、今後も地価が高額化する可能性がある要注意地域です。

2-2.地価の特徴

川越エリアの地価を高い順に並べてみると、富士見市、ふじみ野市、川越市、鶴ヶ島市、坂戸市、日高市となります。地価の高い地域に共通しているのは、東京都心部への近さやアクセスの良さです。

埼玉県は全域で東京都のベッドタウンとして発展してきた歴史があり、今でもその側面が強くなっています。また、東京都へのアクセスが良いことは、物流が良いことも表しており、こうした地域では工場違いが多く形成されています。

つまり、東京都へのアクセスが簡単なほど、ベッドタウンと経済の中心地、どちらにも発展することから、地価が高額になりやすい地域だといえます。特に、富士見市やふじみ野市では現在も地価の上昇が続いているため、今後も地価の動向を把握しておかなければいけません。

一方で、東京都へのアクセスが難しくなる坂戸市や日高市は、地価が安くなっています。ただ、こうした地域は地価が安いことから一軒家などを建てやすいというメリットもあります。住宅や土地の相続が積極的に行われる可能性があるため、地価が安くても相続税が高額になることが考えられます。

3.所得と富裕層

地価と合わせて相続税が高額化する二大ポイントである所得。川越エリアの所得には、どのような特徴があるのでしょうか?

自治体名納税義務者数課税対象所得1人あたりの課税対象所得
川越市約16万人約5,300億円約330万円
富士見市約5万人約1,7000億円約340万円
坂戸市約4万5,000人約1,400億円約310万円
鶴ヶ島市約3万2,000人約1,000億円約310万円
日高市約2万5,000人約760億円約300万円
ふじみ野市約5万人約1,800億円約360万円

上記が川越エリアの各市の所得状況です。地価と同様の順位となっており、所得ではふじみ野市がトップの金額となっています。地価と合わせて考えると、やはり富士見市やふじみ野市、川越市には富裕層が多く、相続の中心地となっていることがわかります。

ただし、所得に大きな差があるのではなく、全域で似たような所得となっています。地価が低い日高市などでも所得が高額なため、相続税には注意しておきましょう。こうした所得の状況は、東京都のベッドタウンであることが関係していると思われます。

平均的な所得はほぼ同様で、その市が経済的に発展しているところではプラスαの所得が加算されているといえます。基本的な所得はどのエリアも変わりませんので、どのエリアでもしっかりと所得税の対策を講じておきましょう。

4.川越エリアの税理士事情

高額な所得税が発生しやすい条件を満たしており、課税割合が高い川越エリア。地価や所得が特に高額な富士見市やふじみ野市では、税理士を活用した相続税対策が欠かせません。

自治体名在籍税理士数
川越市197名
富士見市30名
坂戸市32名
鶴ヶ島市21名
日高市10名
ふじみ野市39名

それぞれの市の在籍税理士数は上記のようになっており、合計すると329名の税理士が川越エリアに在籍しています。川越エリアの1年間の課税件数は777件であるため、税理士が不足しがちなエリアであることが分かります。

特に、川越エリアの税理士の特徴として、川越市に税理士が集中していることが挙げられます。川越市はどのエリアにもアクセスが手軽なことから多く集まっている可能性がありますが、その影響で富士見市やふじみ野市の税理士が少なくなっていると考えられます。

そのため、川越市以外の地域では、相続が開始する前から地元で優秀な税理士探しを始めておき、いち早く相続税対策を始めましょう。そして、川越市で生活する方は、多くの税理士から相続に強い税理士を見つけられるように、情報を集めておきましょう。

川越エリアでは、しっかりと事前準備を行って相続を迎えることが、何よりも大切な相続税対策となります。いざというときに慌てないように、出来ることから準備を始めましょう。

川越エリアの相続税に強い税理士

【参考】川越エリア内の相続関連機関一覧

川越エリア内の相続に関連する各種機関の連絡先一覧をまとめました(2017年11月現在)。ただし、変更される可能性があることをご了承ください。

機関名住所TEL
川越税務署〒350-8666
埼玉県川越市大字並木452番地の2
049-235-9411
川越県税事務所〒350-1124
埼玉県川越市新宿町一丁目17番地17
ウェスタ川越公共施設棟3階
049-242-1801(総合受付)
川越市役所〒350-8601
埼玉県川越市元町1丁目3番地1
049-224-8811(代表)
富士見市役所〒354-8511
埼玉県富士見市大字鶴馬1800番地の1
049-251-2711(代表)
坂戸市役所〒350-0292
埼玉県坂戸市千代田1-1-1
049-283-1331(代表)
鶴ヶ島市役所〒350-2292
埼玉県鶴ヶ島市大字三ツ木16番地1
049-271-1111(代表)
日高市役所〒350-1292
埼玉県日高市大字南平沢1020番地
042-989-2111(代表)
ふじみ野市役所〒356-8501
埼玉県ふじみ野市福岡1-1-1
049-261-2611(代表)
さいたま地方法務局
川越支局
〒350-1118
埼玉県川越市豊田本1丁目19番地8
049-243-3824(代表)
さいたま地方法務局
志木出張所
〒353-0004
埼玉県志木市本町1丁目4番25号
048-476-2239(代表)
さいたま地方法務局
坂戸出張所
〒350-0214
埼玉県坂戸市千代田1丁目2番9号
049-281-0342(代表)
さいたま地方法務局
飯能出張所
〒357-0021
埼玉県飯能市双柳94番15号
042-971-2580(代表)
川越公証役場〒350-0043
埼玉県川越市新富町2丁目22番地
八十二銀行ビル5階
049-224-9454
さいたま家庭裁判所〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
案件により異なる
HP参照
さいたま家庭裁判所
川越支部
〒350-8531
埼玉県川越市宮下町2-1-3
案件により異なる
HP参照
関東信越税理士会
川越支部
〒350-1124
埼玉県川越市新宿町1丁目17-17
ウェスタ川越5F
049-246-6188
埼玉司法書士会〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目16番58号
048-863-7861
埼玉弁護士会
法律相談センター
〒330-0063
埼玉県さいたま市浦和区高砂4-2-1
浦和高砂パークハウス1階
048-710-5666
埼玉弁護士会
川越支部
法律相談センター
〒350-0052
埼玉県市宮下町2-1-2
福田ビル1階
049-225-4279

相続税に強い税理士が問題を解決いたします

相続税申告は税理士によって力量の差がはっきりと現れます。
相続税について、下記のような不安・課題を抱えている方は、相続税に強い税理士にご相談ください。

  1. 相続税をなるべく安くしたい
  2. 税務調査が怖い
  3. 評価が難しい土地がある
  4. 相続関連のいろいろな手続きが面倒で困っている
  5. 生前対策をしたいが、何をしたら良いかわからない

相続発生前後を問わず、相続に関連する問題に対して、税理士はあなたの味方になりますので、まずは気軽に相談されることをオススメいたします。

この記事が役に立ったらシェアしてください!